ことばに注意する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつも小部屋に訪問
ありがとうございます!
読んでくださっている方が
とても多く100を超えているようで
とても嬉しく思います!!!

読者の皆さんは
クリスチャンが多いと
思いますから、
ことばに気をつけることは
もう知ってますよね?

なぜなら、神様はことばで
世を作られた
光あれ!と言って
太陽が出来ました

御霊が内に住む私達は
ことばに気をつけないといけません
相手に祝福のことばを送れば
祝福が送られます
そして、その祝福のことばは
自分自身が耳から聞いてますから
自分自身にも祝福が送られます

では逆に相手に呪いの言葉をかけると
どうなるのでしょうか?
相手に呪いがかかるのでしょうか?
それは、かかりません
なぜなら、呪いは神様の
御心ではないからです

しかし、その呪いのことばを
自分自身の耳で聞いているのです
ですから、自分自身の心を
自分自身でドンドン
汚してしまうのです

相手に呪いのことばを
かければかけるほど
自分自身だけが汚れて蝕み
病んでいきます
相手は病みません

ですから、ことばは本当に
気をつけないといけないのです

聖書にはこのように書いています
ーーーーーーーーーー
“彼らの口の罪は、
彼らのくちびるのことばです。
彼らは高慢に取りつかれるがよい。
彼らの述べる、
のろいとへつらいのために。”
詩篇 59篇12節
ーーーーーーーーーー

罪は口から出ることば
人を憎んだり恨んだり
すればするほど
実は自分の心と体が
病んでしまう
それはダメですよね

だから、人には悪い言葉ではなく
祝福の言葉をかけるのです

人にする事は自分にする事
これは、ことばも当てはまる事を
覚えておきましょうねー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。