実は委ねているのは神様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私達は神様に”委ねなさい”
とよく語られます

委ねるというのは
神様を信じて絶対信頼を
置く事ですよね

イエス様は嵐の船の中で
船が沈むぞーーー!
と、弟子がアタフタしている時に
めっちゃ寝ておられました
イエス様は神様が嵐を
鎮めてくださる。って
信じきっていたから
寝ておられたはず

これが神様に委ねる姿ですよね

私達がイエス様のように
神様を信じきる
そんな委ねる事ができるように
サタンを使ってでも
試練というテストはあります

ところで、神様は私達に
自由意思を与えておられます
ですから、いろんな事柄を
選ぶのは私達ですね

例えば、体に悪いタバコ
を吸っていました
やめようとして一旦はやめました
しかし、また吸ってしまいました。
これは、自分の意思です

言葉の選び
言ってはいけない言葉は
知っています
しかし、相手に暴言を吐きました
これも、自分の意思です

神様は人間に自由意思を
与えたから、選べます
良い事も悪い事も自由に選べます

もしも、人間には自由意思が無くて
神様の言う事しか聞けないように
作られたなら、
悪い事をしなくて済むのに
神様の御心の良き人間でいれたのに
と思います

アダムとエバだって
食べてはいけない木の実を
自由意思がなければ
食べずに罪にもならなかったのに。

しかし、神様は人間に
自由意思を与えた

それは何故なんだろう?

それは、神様が私達に
絶対信頼を置いてくださり
私達は良い事を選ぶはずだ!と
信じきってくださっている
だから自由意思を
与えたのではないだろうか?

子供を信じる親の姿です

絶対に放蕩しても帰ってくる
そう信じる親の愛

だから、時には愛を持って
突き放すという
神様は懲らしめも与えられる

それは私達を愛して
必ず帰ってくる。と
信じているから
深い深い愛ゆえの懲らしめ

信じる事は愛
そんな実践を神様が
自らされている!

神様を見習い
また、神様を信じきるイエス様の
似姿を目指していきましょー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。