必要者か不要者か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私の娘、小学校6年生
中学校受験を考えていて
オープンスクールなど
説明会に何回か行きました

そこでは21世紀型教育をされており
将来A I(ロボット)がほとんど働く
そんな時代をどう生きるのか?
という話をされていました

ロボットが働くと、
人間は使ってもらえなくなるのです
特に単純作業はカットされてしまいます
将来は浮浪者ではなく
不要者がでる。という世の中になる
というのです

そんな時代を生き抜く
それは昭和時代教育の覚える教育から
21世紀型教育”考える君へ”変わる
という事で、ディベート(討論)は
当たり前の授業をしているそうです

21世紀教育は、2020年に小学校にも
導入されるみたいですね

将来に必要な”考える力”
それには問題解決力や創造力は必須となります

大人になった私達は
どこで学べばよいのだろう?
と思う中、一番のお手本者がいた!!

それは!!
イエス様ーーーー!!!

サタンや律法学者への返事の仕方!!
読むたびに、すごいーーー!!と
感動します!!

例えば、マタイ4章のサタンに
試みにあわれた時の返事!

“すると、試みる者が近づいて来て言った。
「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」イエスは答えて言われた。
「『人はパンだけで生きるのではなく、
神の口から出る一つ一つのことばによる』
と書いてある。」”
マタイの福音書 4章3~4節

あっぱれ!!!
頭良すぎーーー!!

また、その場の流れを変える時には
こんな事もされました

“モーセは律法の中で、
こういう女を石打ちにするように命じています。
ところで、あなたは何と言われますか。」
彼らはイエスをためしてこう言ったのである。
それは、イエスを告発する理由を得るためであった。
しかし、イエスは身をかがめて、
指で地面に書いておられた。”
ヨハネの福音書 8章5~6節

その後にご回答されますが
この指で地面に何かを書く。
相手が「出来るのか!?」と
攻めてきても、動揺せずに相手にもせず
しらーっと地面に何かを書く
そんな対応は、律法学者をヤキモキさせたはずだ!!!

そんなイエス様は2000年前から
21世紀型思考だったはず!!
最先端!!!

そんなイエス様を
お手本にしていけば
創造力、問題解決力、いろんな力が
頂けますね!!!
ハレルヤーー!

あなたは、将来、必要者ですか?
それとも不要者ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。