2017年 の投稿一覧

12/26 (火) ヨハネの黙示録22 最終回 – Pastor RIE

12/26 (火) Pastor RIEの朝のみことばパラダイス!

ヨハネの黙示録 22章最終回

21章では新しい天と新しい地
そして新しいエルサレムの情景が
書かれてありました

22:1-2
 御使いはまた、私に水晶のように光るいのちの水の川を見せた。それは神と小羊との御座から出て、
2
都の大通りの中央を流れていた。川の両岸には、いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。また、その木の葉は諸国の民をいやした。

ーーこの川は命の水の川です
聖霊と祝福と霊的な力が流れ続けていることを表しています
水晶のように明るいいのちに川の水です
この川は 御座から出て都の大通りの中を
流れています

いのちの木
いのちの川 の両岸にいのちの木が
植わっています
この木はエデンの園のに植わっていたもの
ですがそれが戻ってきたのです

その木は豊かな実を鳴らせます
毎月収穫できます
12種類の異なった実がなるのです
毎月といっていますが太陽と月がないので
今までの暦ではなく
暦も新しくなるんでしょう

この木の葉は癒しの力があります

新しいエルサレムには病気がないのに
何を癒すのか?と思った人もいるかも
しれません それは病気になることもない
肉体や霊を傷つけるものもないことを
しめしています

22:3-5
もはや、のろわれるものは何もない。神と小羊との御座が都の中にあって、そのしもべたちは神に仕え、
4
神の御顔を仰ぎ見る。また、彼らの額には神の名がついている。
5
もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、彼らにはともしびの光も太陽の光もいらない。彼らは永遠に王である。

ーー新しいエルサレムには
呪いはありません すべてが祝福です

神様の名前が額にしるされています

夜がありません
罪がなく 闇がなく神様の栄光の光で
輝いているからです

22:6-9
御使いはまた私に、「これらのことばは、信ずべきものであり、真実なのです」と言った。預言者たちのたましいの神である主は、その御使いを遣わし、すぐに起こるべき事を、そのしもべたちに示そうとされたのである。
7
「見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。」
8
 これらのことを聞き、また見たのは私ヨハネである。私が聞き、また見たとき、それらのことを示してくれた御使いの足もとに、ひれ伏して拝もうとした。
9
すると、彼は私に言った。「やめなさい。私は、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書のことばを堅く守る人々と同じしもべです。神を拝みなさい。」

ーーヨハネの黙示録は
神様がヨハネに啓示を与えています

ヨハネの黙示録1:3に
この預言のことばを朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれていることを心に留める人々は幸いである。時が近づいているからである。

と書かれてある通りに
未来の祝福の約束がここにしめされてます

ヨハネは啓示をしめしてくれた
天使の足元にひれふそうとしました
しかし天使は 神様だけを拝みなさいと
いいました
天使でさえも私達と同じ神様に
つかえるものだということを
教えてくれています

私達もみことばを取り次いでくれたり
預言をくれたり 啓示をシェアしてくれたり
する人をすごい とおもったり
その人についていったり
あがめたりすることのないように
この箇所をみておもいました

22:10-15
また、彼は私に言った。「この書の預言のことばを封じてはいけない。時が近づいているからである。
11
不正を行う者はますます不正を行い、汚れた者はますます汚れを行いなさい。正しい者はいよいよ正しいことを行い、聖徒はいよいよ聖なるものとされなさい。」
12
「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。
13
わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。初めであり、終わりである。」
14
自分の着物を洗って、いのちの木の実を食べる権利を与えられ、門を通って都に入れるようになる者は、幸いである。
15
犬ども、魔術を行う者、不品行の者、人殺し、偶像を拝む者、好んで偽りを行う者はみな、外に出される。

ーー
天使がヨハネに神様からの言葉を
伝えています

この書の預言のことばを封じてはいけない
時が近づいたからである
といっています

そして
イエス様を信じるものは
黙示録の内容をうけいれ
ますます聖なるものにされ

信じないものは黙示録をこばみ
ますますけがれはさらにひどくなるということ

そして
イエス様の再臨
信じるものが携挙された後
イエス様は 罪人を裁くためにこられるということ

そしてイエス様は昔も今もかわりなく
存在するお方だということ

そして小羊の血潮によって
贖われたものだけが
新しいエルサレムに入れるということ

そして
イエス様を信じないものは決して
この新しい都に入ることは
できないということ

イエス様に従うことは義務感ではなく
忠実に喜んで心から思いをつくして
ついていくこと

22:16-17
「わたし、イエスは御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」
17
 御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

ーーイエス様がいわれている宣言です
わたし、イエスは御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」

そしてつぎのこのみことば
御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

日本語訳ではイエス様に来てください
という風になっていますが
英語では
Come! となっているので
来なさい という訳の方が後のみことばに
繋がるとおもいます

そのつぎのみことばは
渇くものはきなさいといって
イエス様が招いておられるのをみると
神様は 罪人に来なさい といわれて
いるとおもいます
イエス様を待ち望むことも
大事ですが イエス様の心は
一人でも多くの人々が悔い改めて
神様の子どもにもどることです

私達がイエス様の言葉それを伝える
とき「来なさい」という
招きの言葉だとおもいます
私は 「来てください」と
イエス様を待ち望みながらじっと
しているものではなく
迷っている1匹の羊のために
どこまでもいかれたイエス様のように
でていき「イエス様のもとに来なさい」と
伝えたいとおもいます

22:18-21
私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。
19
また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。
20
 これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。
21
 主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。

ーこの黙示録に付け加えたり
取り除いたりすることへの警告です

みことばを自分の勝手な解釈に
してはいけないということです

黙示録の最後は
祝福の言葉で終わっています

主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。
アーメン。

12/26 たかちゃん&まな Love&Glory 『2017年の愛の計画!』〜天の父ちゃんにはかなわへん!!〜

12/26 たかちゃん&まな
Love&Glory
『2017年の愛の計画!』
〜天の父ちゃんにはかなわへん!!〜

2017年最後のラジオ!
1年を振り返って
改めて感じる天の父ちゃんの
愛の計画について語っています💑

ぜひ!聴いて見てください☺︎︎

聖書

長い間期待が延ばされると心を病みますが、
待ち望んだ夢が実現すると、
生きているのが楽しくなります。

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭13:12‬ ‭

音楽
サルーキ=『Fresh』

12/25 (月) ヨハネの黙示録 21 – Pastor RIE

12/25 (月) Pastor RIEの朝のみことばパラダイス!

ヨハネの黙示録 21

20章では
地上における神の御国
千年王国について見てきました
千年の間 悪魔は底知れぬ所に鎖につながれてイエス様とイエス様を信じる者たちが
世界を支配する神の国が千年間続きます
それから悪魔は牢から解き放たれて
聖なる都を取り囲みますが
天からの火によって滅ぼされます
悪魔は、反キリストと偽預言者がいるところゲヘナで、昼も夜も永遠に苦しみ続けます。
そしていのちの書についてお話ししました

今日は21章です
21:1-2
また私は、新しい天と新しい地とを見た。以前の天と、以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。
2
私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとを出て、天から下って来るのを見た。

ーー

旧約聖書の預言者たちは繰り返し千年王国のことを預言しています
しかしこの千年王国は1000年で終わりますこの先どうなるかについて
それは旧約聖書の預言者たちは
何も預言していません
それを預言しているのが
ヨハネの黙示録 最後の21 22章です

新しい天と地がかかれてあります
ということは 以前の地は過ぎ去ると
言うことです
その次に白い御座のさばきがおこります
罪と不完全さの跡形もなく完全に消すために地球や星や銀河は破壊され 天地は揺れ動き
煙のように消えるのです

その後
新しい天 新しい地が創造されます
この新しい天と地の中に
新しいエルサレムが天からくだってきます
それはイエス様とイエス様を信じた人たちと完全な状態で住む新しい世界です

21:3-4
そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、
4
彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」

ーー
罪がもたらす 悲しみ苦痛 病気 不幸 罪悪感
死は全てなくなります
最初の天と地の悪が 完全に消滅します
神の民は後悔したり悩んだり悲しんだりする
ことがないのです
それは
創世記3:16-19 の

 女にはこう仰せられた。
 「わたしは、あなたのうめきと苦しみを
 大いに増す。
 あなたは、苦しんで子を産まなければならない。
 しかも、あなたは夫を恋い慕うが、
 彼は、あなたを支配することになる。」
17
 また、人に仰せられた。
 「あなたが、妻の声に聞き従い、
 食べてはならないと
 わたしが命じておいた木から食べたので、
 土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。
 あなたは、一生、
 苦しんで食を得なければならない。
18
 土地は、あなたのために、
 いばらとあざみを生えさせ、
 あなたは、野の草を食べなければならない。
19
 あなたは、顔に汗を流して糧を得、
 ついに、あなたは土に帰る。
 あなたはそこから取られたのだから。
 あなたはちりだから、
 ちりに帰らなければならない。」

ーーこの呪いがすべて消え去るのです

21:5-8
すると、御座に着いておられる方が言われた。「見よ。わたしは、すべてを新しくする。」また言われた。「書きしるせ。これらのことばは、信ずべきものであり、真実である。」
6
また言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。わたしは、渇く者には、いのちの水の泉から、価なしに飲ませる。
7
勝利を得る者は、これらのものを相続する。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。
8
しかし、おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行う者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。」

ーー

ここに神様の約束が書かれています

全てが新しくすると約束されています
これらの言葉は全て信ずるべきもので
真実だから書き記せと言われています
そして信じるものが決して渇くことの
ないようにいのちの泉をあたいなしに
与え続けられること
神様はアルファでありオメガである
最初であり 最後であるお方

イエス様を信じ勝利したものに
与えられるのは
新しいエルサレムです
このなくなることのないこの
新しい天と地を相続ですのです

イエス様を信じないものに
待っている場所は 第2の死である
いわば 地獄です

おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行う者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である とかかれてある
通りです

おくびょう者とは イエス様への
信頼がかけているもの
それは人から非難されることを
恐れて 逃げるもの

不信仰者とは
神様を信じることなく疑いをもつもの

憎むべき者とは
イエス様に従うといいながら
自分を優先しみことばの中に生きないもの

人を殺すものは 身勝手な理由で
人の命を断つもの

不品行なものとは
性的な夫や妻以外の者と
性的な関係をもつもの
淫らな妄想 下品なこと
近親相姦や同性愛
動物との性的関係など

魔術を行うもの
特に宗教の名によって
魔術 魔法 儀式 まじないなど

偶像を拝むもの
人間がつくった偽の神を拝む

偽りを言う者
人を惑わすもの みことばを否定する
これらのものは火と硫黄の池に
いれられる

今 このようなことが
ある人がいるなら
悔い改めて 神様に立ち返ってほしいと
おもいます
手遅れになる前に
悔い改めてほしいとおもいます
日々 神様の御前にはじるべきことはないか
自分自身をチェックしてほしいと
おもいます

21:9-10
また、最後の七つの災害の満ちているあの七つの鉢を持っていた七人の御使いのひとりが来た。彼は私に話して、こう言った。「ここに来なさい。私はあなたに、小羊の妻である花嫁を見せましょう。」
10
そして、御使いは御霊によって私を大きな高い山に連れて行って、聖なる都エルサレムが神のみもとを出て、天から下って来るのを見せた。

小羊の妻である花嫁とは
新しいエルサレムのことです
この都が 小羊の花嫁と言われている理由は
キリストの花嫁である
イエス様を信じた人たちの
永遠の住まいとなるからです

永遠の住まいは
このヨハネの黙示録21章で
啓示されていますが
1コリント2:9
まさしく、聖書に書いてあるとおりです。
「目が見たことのないもの、
耳が聞いたことのないもの、
そして、人の心に
思い浮かんだことのないもの。
神を愛する者のために、
神の備えてくださったものは、
みなそうである。」

と書かれているように私達が
想像できないような素晴らしい住まいが
用意されているのです

21:11-17
都には神の栄光があった。その輝きは高価な宝石に似ており、透き通った碧玉のようであった。
12
都には大きな高い城壁と十二の門があって、それらの門には十二人の御使いがおり、イスラエルの子らの十二部族の名が書いてあった。
13
東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。
14
また、都の城壁には十二の土台石があり、それには、小羊の十二使徒の十二の名が書いてあった。
15
また、私と話していた者は都とその門とその城壁とを測る金の測りざおを持っていた。
16
都は四角で、その長さと幅は同じである。彼がそのさおで都を測ると、一万二千スタディオンあった。長さも幅も高さも同じである。
17
また、彼がその城壁を測ると、人間の尺度で百四十四ペーキュスあった。これが御使いの尺度でもあった。

ー城壁と12の門があります
城壁は神様の守りをあらわし
門は12人の天使が守っています
12の門にはイスラエルの12部族の
名前がしるされてあります

土台の石には
12使徒の名前がしるされています

広さは1へんの長さが12000スタディオン
なので 2200キロ 考えられないほど
広いということです
城壁の高さは144ペーキュスなので
65メートルの城壁
都の大きさはあらゆる時代の
神の民が住むのに十分であることを
表しています 都全体は神の栄光と聖さに
満ちています

21:18-21
その城壁は碧玉で造られ、都は混じりけのないガラスに似た純金でできていた。
19
都の城壁の土台石はあらゆる宝石で飾られていた。第一の土台石は碧玉、第二はサファイヤ、第三は玉髄、第四は緑玉、
20
第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十は緑玉髄、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。
21
また、十二の門は十二の真珠であった。どの門もそれぞれ一つの真珠からできていた。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。

ーー都そのものは混じりっけのないガラスに似た純金つまり 透明のような純金
私たちが目にしたこともない材質
土台は 12種類の宝石で飾られています

21:22-27
私は、この都の中に神殿を見なかった。それは、万物の支配者である、神であられる主と、小羊とが都の神殿だからである。
23
都には、これを照らす太陽も月もいらない。というのは、神の栄光が都を照らし、小羊が都のあかりだからである。
24
諸国の民が、都の光によって歩み、地の王たちはその栄光を携えて都に来る。
25
都の門は一日中決して閉じることがない。そこには夜がないからである。
26
こうして、人々は諸国の民の栄光と誉れとを、そこに携えて来る。
27
しかし、すべて汚れた者や、憎むべきことと偽りとを行う者は、決して都に入れない。小羊のいのちの書に名が書いてある者だけが、入ることができる。

ーー新しいエルサレムには
地上にあったものでなくなってしまうものがいくつかあります新しい天と新しい地には
海がなくなります

神殿がなくなります
それは三位一体の神様ご自身が
神殿になってくださるからです

太陽と月がなくなります
それは神の栄光で都を照らし
小羊が都の明かりとなってくださるからです

そしてその都に入る者たちは
イエス様を信じた聖徒だけが入ると
言うことです

都には12の門があります
12の門の前には天使がいます

都の門は真珠でできています
その門は 閉じられることは
なき 開けっ放しです
なぜなら都には夜がなく闇や罪が
ないからです

この門を通れるのは
いのちの書に名前があるものだけです
自分の行いで はいれません
自力では入れる人は一人もいません
イエス様を信じて新しくなったものだけが
はいれるのです

GBC献金のご協力のお願いです。

Merry Christmas !!

GBC献金のご協力のお願いです。

GBCでは様々な支援の為に
皆様からの愛の献金を使わせていただいています。

*災害支援
*ホームレス支援
*全国の生活困難者支援
*親のいない子ども達支援
*アフリカの子ども達支援
*安全で綺麗な水を飲んでもらえるようにアフリカに井戸を掘る為の支援
*海外からのゲストを呼ぶ為の経費
*全国礼拝の為の交通費
*GBCラジオの運営費
*他の教会の牧師へのサポート

などのために献金を使わせて
頂いております。

一人でも多くの人々に
イエス様のことを伝え
魂の救いのために
どうぞ献金をよろしくお願い致します。

献金口座のお知らせ

●ゆうちょ銀行からのATMお振込み●

ゆうちょ銀行 
<記号> 14140 
<番号> 45399951 
ゴッドブレッシングスチャーチ

●銀行からのお振込み●

ゆうちょ銀行
店名)四一八支店
店番号)418
普通預金
口座番号)4539995
ゴッドブレッシングスチャーチ  

12/22 (金) ヨハネの黙示録 20 – Pastor RIE

12/22(金)Pastor RIEの朝のみことばパラダイス!

ヨハネの黙示録 20

19章では小羊との婚姻の準備の完成
イエス様の再臨 ハルマゲドンの戦いで
反キリスト にせ預言者は火の池に
投げ込まれたところで終わりました

20:1-3
また私は、御使いが底知れぬ所のかぎと大きな鎖とを手に持って、天から下って来るのを見た。
2
彼は、悪魔でありサタンである竜、あの古い蛇を捕らえ、これを千年の間縛って、
3
底知れぬ所に投げ込んで、そこを閉じ、その上に封印して、千年の終わるまでは、それが諸国の民を惑わすことのないようにした。サタンは、そのあとでしばらくの間、解き放されなければならない。

ー縛られたサタンは 底知れぬところに
投げ込まれます
そこ知れぬところとは堕落した天使たちが
一時的に閉じ込められているところです
サタンを 縛る理由は諸国民を
惑わすことのないようにするためです
サタンが縛られサタンがいない千年の間
よりよい生活になっていきます
縛られている1000年の間はおとなしくしている サタンですが
1000年王国の終わりにサタンは再び解き放たれます

20:4-6
また私は、多くの座を見た。彼らはその上にすわった。そしてさばきを行う権威が彼らに与えられた。また私は、イエスのあかしと神のことばとのゆえに首をはねられた人たちのたましいと、獣やその像を拝まず、その額や手に獣の刻印を押されなかった人たちを見た。彼らは生き返って、キリストとともに、千年の間王となった。
5
そのほかの死者は、千年の終わるまでは、生き返らなかった。これが第一の復活である。
6
この第一の復活にあずかる者は幸いな者、聖なる者である。この人々に対しては、第二の死は、なんの力も持っていない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストとともに、千年の間王となる。

ーー1000年王国の様子が描かれています
多くの座があり教会でイエス様に
忠実に従ってきた人々
あらゆる時代のあらゆる教会の勝利者達
は さばきを行う権威を与えられます

患難時代にイエス様を信じ殺されたもの
獣を礼拝しなかったものは
千年間 王になります

第1の復活は信者
信者でない人々の復活は第2の復活

イエス様の復活
携挙された教会の復活
大患難のときにイエス様を信じて
殺された者たちの復活
これが千年王国のはじめにおこります

イエス様を信じたものには
第2の死はなんの力ももっていない

イエス様を信じなかったものの
第2の死は 永遠の滅び

イエス様を信じたものは
肉体の死は経験しますが
霊的な死 すわなち永遠の滅びに
はいることはありません

20:7-10
しかし千年の終わりに、サタンはその牢から解き放され、
8
地の四方にある諸国の民、すなわち、ゴグとマゴグを惑わすために出て行き、戦いのために彼らを召集する。彼らの数は海べの砂のようである。
9
彼らは、地上の広い平地に上って来て、聖徒たちの陣営と愛された都とを取り囲んだ。すると、天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした。
10
そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。
11
 また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。

ー千年王国の最後
サタンが底知れぬところから
解放されます
千年王国は 理想に近い状態です
そこにまたサタンを送り込む理由は
人々を神様が試すためです

サタンは人々をまどわし
千年王国のエルサレムも攻撃します
千年王国の終わりにはイエス様を
信じない人々が増えてきます

大きな白い御座に座るイエス様
裁くのはイエス様ですここで裁かれるのは
あらゆる時代の霊的に失われた人々
神様の許し受け入れずに
神様を信じなかった人々の裁きが
はじまります

20:12-15
また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物も開かれたが、それは、いのちの書であった。死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。
13
海はその中にいる死者を出し、死もハデスも、その中にいる死者を出した。そして人々はおのおの自分の行いに応じてさばかれた。
14
それから、死とハデスとは、火の池に投げ込まれた。これが第二の死である。
15
いのちの書に名のしるされていない者はみな、この火の池に投げ込まれた。

ーー裁きに関して何種類かの書物が
開かれます
その書物には人々の行いが
記録されている書物です
いのちの書は この地上に誕生した全ての人々の名前が書き記されています
しかしイエス様を受け入れなかった人々
悔い改めなかった人々は
その所からは名前が消えます

いのちの書と小羊の書と言うものがあります
小羊の書は これは信者の名前が
記録されてるものです
信者の名前は天地創造の前から
その所に記されていると黙示録13章8
に書かれてあります