12/13 (水) ヨハネの黙示録12 – Pastor RIE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12/13 (水)Pastor RIEの朝のみことばパラダイス!

ヨハネの黙示録 12

11章には、神殿の前に、ふたりの証人が現われて、第七十週の半ばに反キリストによって殺されることが書かれています

そして、三日半の後よみがえって天に引き上げられたことにより、エルサレムの人々は
神様をあがめるようになります。

12:1-5
また、巨大なしるしが天に現われた。ひとりの女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には十二の星の冠をかぶっていた。
この女は、みごもっていたが、産みの苦しみと痛みのために、叫び声をあげた。
また、別のしるしが天に現れた。見よ。大きな赤い竜である。七つの頭と十本の角とを持ち、その頭には七つの冠をかぶっていた。
その尾は、天の星の三分の一を引き寄せると、それらを地上に投げた。また、竜は子を産もうとしている女の前に立っていた。彼女が子を産んだとき、その子を食い尽くすためであった。
女は男の子を産んだ。この子は、鉄の杖をもって、すべての国々の民を牧するはずである。その子は神のみもと、その御座に引き上げられた。

@ヨハネは、天にある神の神殿とその中の契約の箱を見てから、この巨大なしるしを見ました。それはひとりの女であって、彼女は太陽を身につけ、月を足の下にふみ、
頭に12の星の冠をかぶっています。

この星はヤコブの12人の息子を
あらわします
この女は産みの痛みを経験していました
これはイスラエルが メシヤを生み出す
直前の状態にあることを表しています

ひとりの女に加えて、別のしるしがまた現われました。赤い竜です。
彼の正体は、12:9を読むと出てきます。「この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、
あの古い蛇」です。

竜というのは架空の動物のようですが
聖書には実在の動物のように描かれています。ヨブ記41章に「レビヤタン」という動物が出てきます。
それを読むと竜のような動物です

天の星が三分の一とありますが
これは 神様に反抗して
堕天使になった数が天使の三分の一だと
いうこをあらわしています。

12:6-12
女は荒野に逃げた。そこには、
千二百六十日の間彼女を養うために、
神によって備えられた場所があった。
7
さて、天に戦いが起こって、ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。それで、竜とその使いたちは応戦したが、
8
勝つことができず、天にはもはや彼らのいる場所がなくなった。
9
こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。
10
そのとき私は、天で大きな声が、
こう言うのを聞いた。
 「今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現れた。私たちの兄弟たちの告発者、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。
11
兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。
12
それゆえ、天とその中に住む者たち。喜びなさい。しかし、地と海とには、わざわいが来る。悪魔が自分の時の短いことを知り、激しく怒って、そこに下ったからである。」

1260日も三年半です。
この時期に女が荒野に逃げます。
これはイスラエルがヨルダン川の東の
荒野に逃れられるようになる預言です

天使ミカエルとミカエルの使い達は
サタンと戦って勝利します
サタンと堕天使のいる場所がなくなり
地上に投げ落とされ天では喜びが
おこります

13章に同じ大患難時代の半ばに、死んだのに生き返る反キリストが、竜の権威と位と力をもって現われることが書かれていますが、
悪魔が地上で直接的に暴れまくるのです。
それから、悪魔は再臨のイエス・キリストによって底知れぬ所に鎖つながれて、
千年間つながれます。
そして一時的に解き放たれますが、
その後、ゲヘナ、火と硫黄の池に投げ込まれます。

12:13-18
自分が地上に投げ落とされたのを知った竜は、男の子を産んだ女を追いかけた。
14
しかし、女は大鷲の翼を二つ与えられた。自分の場所である荒野に飛んで行って、そこで一時と二時と半時の間、蛇の前をのがれて養われるためであった。
15
ところが、蛇はその口から水を川のように女のうしろへ吐き出し、彼女を大水で押し流そうとした。
16
しかし、地は女を助け、その口を開いて、竜が口から吐き出した川を飲み干した。
17
すると、竜は女に対して激しく怒り、女の子孫の残りの者、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを保っている者たちと戦おうとして出て行った。
18
そして、彼は海べの砂の上に立った。

@地上に投げ落とされたサタンはイスラエルすなわち
男の子を生んだ女を
追いかけます
しかし失敗したサタンはイスラエルに対してさらに激しく怒りかつてなかったような悲劇が行われます

13章はサタンがユダヤ人をどのように
迫害するか説明したものです
私達もどんな試練にあっても
絶対助けてくださり勝利する神様を信じていきましょう

イスラエルに対する悪魔の仕業を学びましたが、彼らが攻撃されるのは、神様に選ばれた民だからです。

私たちクリスチャン同じです
イエス様にあって神に選ばれた存在です。
攻撃されても私たちにはキリストにある希望があります。「迫害を受けるものは幸いです。天に報いがあるからです。」というイエス様のみことばの約束があるからです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。