全国のGBCメンバーブログ

白い衣

今が旬の蓮根。
蓮根の花は6月下旬〜8月上旬に咲かせる。
昭和時代に3000年前の
蓮の種子が自然発芽した
埼玉県行田市の古代蓮の里。

今夏、家族で見に行った。

今は古代蓮のほか
41種類の蓮が12万株
植えられている。
4日間だけ、
朝しか咲かない大きな花。

花畑を見ると小学生の頃に見た夢を思い出す。

教室の黒板の前に立っていた。
両足で壁を蹴る。
まるで水泳選手がプールの中の壁を蹴って
前に進むように、
壁を蹴ると真っ直ぐ前に飛んで行く。
目の前にあった沢山の机と椅子は消えていく。
まわりの壁も全て消えいる。
一面の花畑に変わっていく。
どこまでも永遠に広がっている花畑。
キラキラして、言葉では言い表せないほど
美しい世界。

最近になってこの夢の解き明かしがわかった。

神さまに全てをゆだねる。
幼子のように、信頼しきって、
第一歩となるアクションを起こす。
そうすると神さまが人の想像、
固定観念を超えた事をなさってくださる。
目の前の障害物と思っていたものも
スーッと消えて無くなる。
囲んでいた壁もいつの間にか無くなっている。
その先は神さまが用意して下さった
素晴らしいものだけだ。

泥沼から掘り起こされた蓮根は、
洗って皮をむけば、
あらまぁなんと真っ白なこと。

イエスの血で洗い、真っ白な衣を着よう。

黙示録7:14
彼らは大きな患難から抜け出て来た者たちで、
その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです。

たとえ、小さな一歩でも
神さまに100%信頼して踏み出すなら、
大きな患難も抜け出せる。と思った。

GBC埼玉 いくこ

釧路の風景

はじめまして。
釧路メンバーの秋元です。

釧路といえば海産物ですが、
それ以前に釧路発祥の地を紹介します。

釧路発祥の地、
米町と南大通りを歩いてきました。
リラックスしたいときよく行きます。

昔ながらの建物は
なくなってしまったのですが、
釧路市と同志の方が
釧路発祥の地を
大切にしようということと
共に文化を受け継ぐこうと
活動しています。

実は石川啄木は昔新聞記者として
釧路にいました。

釧路新聞の記者として、
短い期間ですが在職していました。

釧路についていくつか
作品を書いています。

「小高い丘から見える、
雪に覆われた阿寒連山を見て
白くて、神のように美しい」
ということを書いています。

厳寒のなか、見える景色から
感じられた作品です。

私も美しいという気持ちと、
見える景色は厳しい自然の中でないと
見ることができないので、
冬ならではの作品だと感じています。

神様はいつも素晴らしい景色を
見せてくださいます。

今では昔ながらの建物は
なくなってしまいました。

そのなか、米町から南大通りにかけて、
昔あった建物や石川啄木のパネルが
石畳に組み込まれていて

歩いていると、その時代の景色を
感じられるようになっていますので
機会があれば訪れていただきたいと
思います。

GBC釧路 とおる

みんな違ってみんな良い♪

私たち一人ひとり
同じ教会に入っていても
みんな個性があり
性格もみんなバラバラです!

たとえ同じ串カツであっても
作ったのは “人”
全く同じ形が存在しなければ
味だって…( ˘ω˘ )

私たち一人ひとり
神様が造ってくださった
唯一無二の存在の
ハンドメイドᐠ( ᐛ )ᐟᐠ( ᐖ )ᐟ

みんな違って当たり前♡
そして
違う ことに意味がある(°´ ˘ `°)/

私 は 私 らしく(*´ω`*)

一人ひとりがそう思い
自信を持って今を楽しむ時
神様も喜んでいると思います♪

大阪おいしいもん
い〜っぱい( ˃̶͈ ᴗ ˂̶͈ )♡

神様、大阪造ってくれて
ありがとう〜\(*´▽`*)/

GBC大阪 まな

神様が神様のタイミングで背中を押してくれる

あれは3年前、
人間関係で悩んでいた私は
神様から預言をいただきました。

そこで出された宿題は、
古いものを置いていく
準備をしなくてはならない、
ということでした。

考えれば考えるほど
過去に執着してしまう。

そんな私に降りかかること

〜父の入院、私自身の骨折、
介護をめぐる兄とのすれ違い~

気付いたら過去のことなど何処へやら。

そして今年になって、
『会いに行きなさい』と
神様に背中を押されるように行動したら、

壊れた関係の中に
新しい関係が生まれました。

神様に感謝いたします。

GBC長野 メアリー

日本海を眺めに砂浜へ出掛け、
気がつくことがあります。

波の大きさ、うねり、
砂に出来た模様。

その時その時で
見せられる風景は異なります。

波や砂を動かす風は、目に見えず、
触れることもできません。
けれど、確実に感じることができます。

聖霊様も、同じです。

姿も見えないし、
触れることもできません。
しかし、私たちのすぐ傍らに、
確かにおられると感じられる存在です。

物事が思うように進まず
右往左往していたときに、
思わぬ成り行きで
想像していたよりも良い状態に
おちつくことがありました。

波や砂にはたらく風のように、
絶えずはたらきかけてくださる
聖霊様の存在を身近に感じられるように、
日々祈ります。

みことばを紹介します。
ーーーーーーーーーー

【ヨハネによる福音書第3章8節】

風は思いのままに吹く。
あなたはその音を聞くが、
それがどこからきて、
どこへ行くかは知らない。
霊から生まれる者もみな、
それと同じである。

ーーーーーーーーーー

今日も、神様の愛を身近に感じられる
1日になりますように✨✨💖

GBC新潟 しおり

神様からの恵み

私の住んでいる伊勢志摩と言えば海の幸(*^^*)

今漁の最盛期を迎えているのは伊勢えび。

住んでいるからといっても
そうそう食卓にあがるものでも
ありません。

伊勢えび漁の話を聞くたび
「伊勢えび食べたいなぁ」
なんて思うだけで、
いくら浜値で買えると言えど、
手はでない(-_-;)

そんなとき、旦那のおばさんが
ちょっと早いけどお歳暮って
伊勢えびくれました\(^o^)/

しかも10匹も!!

家族は5人。
1人2匹ずつも食べられる(^з^)-☆

一匹はお刺身で、
一匹は塩焼きで
家族みんなで
美味しくいただきました。

最近食べたいなぁと思うと、
必ず食べられる。

塩焼きにされる前の伊勢えび見ながら、
これってまさに
神様からの恵みよねと
確信いたしました。

求めれば与えられる!

そこで思い浮かんだのが
このみことば!!

ーーーーーーーーーーーー

イエスは答えて言われた。
「まことに、あなたがたに告げます。
もし、あなたがたが、信仰を持ち、
疑うことがなければ、
いちじくの木に
なされたようなことができるだけでなく、
たとい、この山に向かって、
『動いて、海に入れ』と言っても、
そのとおりになります。
あなたがたが信じて
祈り求めるものなら、
何でも与えられます」

マタイの福音書21-21~22(新改訳)

ーーーーーーーーーーーー

これからも、小さなことでも
どんどん祈り求めて、
神様からの祝福いっぱい受け取ります!

GBC三重 しのぶ

道を整えてくれる神様

最近、よく神様に示されて
近所の交野山に登る

行く道は色々あるけど
その道も神様に委ねて
お任せする

神様にお任せしていく道は
決して楽ではないけれど
必ず目的地に導いてくれる。

色んな障害物があって
道が閉ざされていると思っても
神様が行きなさいと
言われた道は
必ず行くことができるし
整えられていると
それに従ってはじめてわかる。

自分の思いを捨てないと
前へは進めない。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

“心を尽くして主に拠り頼め。
自分の悟りにたよるな。
あなたの行く所どこにおいても、
主を認めよ。そうすれば、
主はあなたの道をまっすぐにされる。”

箴言 3章5~6節

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

諦めず神様を信じて
祈り求めて進んだ先に
想像をはるかに超えた
素晴らしい景色が待っている。

頂上に着いた達成感は
ひときわだ。

山登りを通して
このことを教えたかったんだ
と天の父ちゃんの愛に気づく。

神様は約束を必ず守ってくれる
それに聞き従う
祝福と恵みは大きい。

山登りを通して
色んな事を教えてくれる
天の父ちゃんありがとう

自分を「0」にして
素直に聞き従っていきます

GBC大阪 まき

休日の贈り物

久しぶりの休日。

今日も神様が作られた日
この日を喜び楽しみます。と
感謝。
大好きな沖縄の海や空を見たくなり
ドライブへ。

お気に入りの場所につき
心地いい風の中散歩
とてもいい気持ち。
その中で与えられたみことば

ーーーーーーーーーー

創世記1章1節
初めに、神が天と地を創造した。

ーーーーーーーーーー

空や海や景色などすべて
神様が私たちに作られたもの。
贈り物。それを見せてくれた
神様に感謝の気持ちがいっぱいに
なりました。

今日は空と海を紹介したけど
これからも美味しいものや景色
神様が作ってくれた素晴らしい物を
私目線からだけどまた皆さんに
紹介できたらいいなあと思ってます。

よろしくお願いします。

GBC沖縄 麻子