礼拝報告

2018/9/9(日) GBC釧路礼拝の報告

【GBC釧路礼拝の報告】

9/9(日) 14:00〜個人宅にて
参加者9人、その内初めての方が1名

関西直撃の台風の後の北海道の地震💦

立て続けに天災にあい
それでも諦めず祈り続けた結果

たくさんの方が復旧作業にあたってくださり
無事、関西空港から釧路空港へと
行けたこと感謝します

今回は個人宅での礼拝でした

偶像崇拝していた方が
前回GBC礼拝に参加して

『自分達の礼拝していた神様は
本当の神様ではない!』

と偶像を主としていた事に気付き
立ち上がった方が
同じ偶像崇拝している方達に声をかけ
伝道し始めた

今回は、新しい3名の方に会うことができた
礼拝には参加できなかったけど
会いに来てくれたご夫婦

そのあと8時間かけてそのご夫婦は
車で札幌へ帰って行った

礼拝前に、盲目の参加者の希望で
1年前に左眼を失明したゆきのお母さんの
目の癒しの証をした

神様を信じる事が
全てを変えたという事、
感謝する事を知った参加者は
更に信仰心を強く持つと決意した

ーーーーーーーーーーーー
真の礼拝のスタート

テーマ『真の神様を知る』

角笛を吹き鳴らし
霊的武器を振りかざし
喜びの声を上げて
賛美しその場で踊った

踊りながら、賛美しながら
その中で力強い
Pastor RIEのメッセージが始まる

『苦しい事も私達にはたくさんあります。

でもその苦しみの中で感謝をするとき、
すべてのことが好転するということを
私達は知らなければなりません。

辛い時に辛い顔をするのは簡単です。
それは悪魔に餌をやっていることと同じです。

私たちが暗い顔をするとき、
悪魔は喜びます。

私たちが悲しい顔をする時、
恐れを持つ時、
そして不安になる時、
それは悪魔に餌をやっている事になります。

だからこそ私達はいつもいつも
喜んでいなければなりません。

喜びを選び取ることができます。

私たちは自由意志を与えられています。

自由意志を与えられているからこそ、
神様に命令されているのではないのです。
自由意志を与えられているのです。

私たちが神様を選ぶのか、
悪魔を選ぶのか
それは私達自身にかかっているのです。

そのことを、本当に今日は
よく覚えておいてほしいと思います。
感謝します。』

私達はイエス様と同じ第3の天にいるもの

自分の価値を知らなければならない
私達は王国の息子、娘だ

すでにイエス様と同じ権威を与えられてる

イエス様の権威を使って
癒す事も、打ち砕く事もできる!

そして、病を抱えた方
心の病気を抱えた方と一緒に
諸刃の脱穀機をしました

霊的武器を使い
サタンを打ち砕き
聖霊の火で焼きつくしました

ーーーーーーーーーーーー
【聖書 新改訳】

見よ。わたしはあなたを鋭い、
新しいもろ刃の打穀機とする。
あなたは、山々を踏みつけて粉々に砕く。
丘をもみがらのようにする。

あなたがそれをあおぐと、
風が運び去り、
暴風がそれをまき散らす。
あなたは主によって喜び、
イスラエルの聖なる者によって誇る。

イザヤ書 41章15~16節

ーーーーーーーーーーー

まずは自分で預言的行動をする事!
『お願いします』と
他力本願なことをしない!

神様はあなたが何を選ぶのか
それを見ている

神様を信じ、聖書に書かれている通り
預言的行動をする

神様は必ず奇跡を起こしてくださる‼️

感謝して信じきることが
熱い信仰である

🔥3人の参加者の悔い改めと癒し🔥

①盲目の方の目の癒し
・今の現状に感謝することに気づいた
・神様を信じきる事を実践していく
・盲目の霊の追い出し、癒しの祈り

②心の病気
・自分は鬱だと思い込んで、サタンに
隙を与えたことを悔い改めた
・自分は病気だと言うサタンの嘘を
断ち切った
・私は病気ではないとイエスの御名で
宣言した
・体の中から鬱の霊を追い出す
・癒しの祈り

③お酒からの決別、糖尿病の癒し
・お酒を毎晩飲んでいた事を告白
聖霊の宮を大切にしていなかった事を
悔い改めた
・糖尿病を受け取らない
・受け取ってしまった嘘をキャンセルした
・癒しの祈り

最後に聖餐式、献金の時を持ち
神様に祈りを捧げて
礼拝が終わりました

今回は魂の救いに繋がる種まきが
出来たこと感謝します

釧路にいる迷っている魂を救うため
私達GBCは何度でも足を運びます

間違った教えを『本物』と思い込み
宗教や、悪魔との契約を
結んでしまっている人達を解放して

イエス様の愛の中で
歩んでいける道に導いてください
神様、どうか私達を助けてください

💖嬉しい証💖

翌朝、大阪に帰る日、送ってくれた
GBC釧路メンバーが
礼拝の時にお酒と糖尿病の祈りをした後
その日、毎晩飲んでいたお酒を、
初めて飲まなかったと証してくれました‼️
そして、薬を捨てて神様に祈っていたと✨

一瞬にして人の心を変えてくださる
神様に感謝‼️‼️‼️‼️

ハレルヤーーー✨✨✨✨
すべての栄光を主にお返しします💖

報告者
God Blessings Church -Yuki-

9/2(日)GBC新潟礼拝の報告

【 GBC新潟礼拝の報告 】

9/2(日) 15:30〜17:00

参加者15名、うち洗礼者1名

9月に入り、さらに新しくなった私達
礼拝の賛美も全て新しい曲になり
心新たに主を褒め称えました!

賛美に合わせて振る旗は武器である
その武器を使ってサタンを打ち砕く

角笛をこの世で吹き鳴らした時
天でも同じように吹いてくれてる

そしてタンバリンのフサも武器となる

タンバリンを叩いてただ踊るのではなく
上から振り下ろすように踊ると
サタンの要塞を打ち砕く預言的行動になる

新潟はいつも、新潟のGBCメンバーの他に
自分の教会がある方々、そのお友達が
参加してくれます

GBCの礼拝は、どなた様も大歓迎!!
心を一致して喜び賛美し
主を褒め称えました

他の教会ではありものの賛美を歌うのが
当たり前になっている所が多い中
GBCでは天の賛美をしています

初めて体験される方も多く
Pastor RIEの説明に
大きくうなずき聞いておられました

リズムは人に合わせる必要はない
生まれる前から神様がリズムを備えてくれてる
そのリズムは1人1人違う

それが神様から与えられた天の賛美

聖書にも書いてある通り
新しい歌を歌え!!

それが一番神様が喜ばれる礼拝です

天の賛美をしていたら
神様がPastor RIEにメッセージを語ってくれました

そして、Pastor RIE は自分が通し管となり
私達に神様のメッセージを伝えてくれました

そのメッセージの内容は
9/2(日)のPotcastでご紹介していますので
是非聴いてください

https://itunes.apple.com/jp/podcast/god-blessings-church/id1433130268?mt=2&i=1000418968550

あっという間に時間が過ぎ
聖餐式、献金へと導かれ
新潟礼拝は終了しました

その後、今回の最大イベント
洗礼式がありました!!

実は、この洗礼式は
新潟礼拝が始まる前に、川で授けるはずでした

しかし、なんと予定していた川には
背丈より大きな雑草が伸び
かき分けても人が入れないほど
景色が変わっていました

神様の導きはこの場所ではないと思い
洗礼式をせずに礼拝会場へと向かいました

そして、礼拝後に導かれた洗礼場所は
会場からすぐの海でした

礼拝に参加してくれた全員が
新たな命の救いを見守ってくれました

大自然の中での洗礼式✨
それはとても壮大で、神様の臨在が
とてつもなく大きくて

賛美をし、角笛を吹き、
たくさんの神様の家族に見守られながら
新しい命がイエス様とともに生まれました

最初に選んだ川は、GBC新潟メンバーのリナが
2年前に洗礼した場所でした

2年の年月をかけて、草を生やし
神様は、今回の新しいメンバーの洗礼は
ここではないですよと教えてくれたのです

一人一人特別な場所で
愛されて生まれるその瞬間に
とても感動しました❤️

神様は本当に一人一人を特別に愛されている
そのことを教えてもらった素敵な洗礼式でした‼️

GBCに新たな家族が増えました✨
これからもGBC新潟をよろしくお願いいたします💖

Praise the Lord !!!!
Hallelujah !!!!

報告者
God Blessings Church – Yuki-

2018年8月26日(日)GBC大阪礼拝の報告

【GBC大阪礼拝の報告】

8/26(日) 10:30〜12:00
スタジオアジャリにて

参加者19名
そのうち初めて来られた方3名

勝利の角笛を吹き
旗を振って悪の要塞を打ち砕く

イスラエルの旗
聖霊の火のオレンジ
イエス様の血潮を表す赤
王国の色を表す金
1番高い位を表す紫

 

 

それぞれの旗を振りながら
みんなで主を褒め称える

小さな会場が一気に
ダンスホールになりました

思いっきり体全体で
主を褒め称えた後は
一旦座ってクールダウン

いつものように円になり
天の賛美をしました

今回は、外国からの参加者もいたので
すべてのメッセージは
通訳を入れながら進めていきました

Pastor RIEが初めて参加される方に
何故で丸く円になって礼拝をするのか
説明をしました

これが天の礼拝と同じ形だと伝えると
外国の方は、Hallelujah !! Hallelujah!!と
手を上げて喜びました

神様は、私達が形式張ったやり方で
宗教的に行う礼拝を喜びません

自由に心を解放して
神様だけに話しかけ賛美する

周りなんて気にしない
ただ神様との時間を楽しむ
そんな礼拝を喜ばれます

天の賛美の後に
Pastor RIEが神様からのメッセージを
伝えてくれました

その中で1番涙が出たのは

『わたしはあなたを愛している
あなたの罪を全部背負い
わたしは十字架にかかりました

あなたには、もう罪は無いのです
わたしがもういいと言っているのに
誰が罪に定めることができるのですか?』

神様は優しく語りかけてくれました

私達は多くの過ちを犯し
悔い改めてもまた失敗をして
どうしようもないくらい
未熟な者です

しかし神様はそんな私達を
無償の愛で包み込み
すべてをゆるしてくださり
救ってくれた

何度も神様の愛に戻るチャンスを
与えてくださった

古い自分に戻るのは
もう、本当にやめなければなりません

一人一人、
私達は過去の苦い経験
まだ、心の中で持っている古い感情
窮屈だった思い
閉じ込められてた悲しさ
ゆるせていない心など

すべて一旦思い出し
そこから過去のものとして
すべてを手放しました

その瞬間にみんな新しくなりました

続いて
まなちぇるの預言
ロバートの預言

と今回の大阪礼拝で
神様が導かれたのは
直接的なメッセージでした

聖書の箇所を学ぶのも
大切な礼拝ですが

今回のように
神様からのメッセージを聞いて

自分がどれほど神様に愛されてるのか
どれほど大切な存在なのか
そして、必要とされているのか

その事を自覚することができたことは
一人一人の心に響いたのではないかと
思います

また、ロバートの預言も
紹介したいと思います

『イエス様は人間を獲る
漁師にしてあげよう
わたしについて来なさい
そう言われました

いつもイエス様はお手本を
見せてくれてるのです
そしていつも一緒にいるのです
1人ではなく
いつもイエス様が隣にいて
歩いているのです』

その言葉には力強さがありました

私達は目に見えない神様を
いつしか手の届かないところにいる方だと
勝手に解釈していないだろうか?

神様は私達のそばにいつもいて
握った手を離さず、見捨てない

目に見えるものだけを信じるのは
信仰ではない

信仰とは、目に見えないもの
また起こってない事柄を信じること
それこそが信仰だと改めて
気づくことができました

隣にイエス様がいるのに
何を怖がる必要があるのか?

ただ目に見えないだけで
今私達のそばにはイエス様がいる!
それを心から信じて
新しい自分で前進していこうではないか!

古い自分と決別して
新しい自分として聖餐式にのぞみました

新たな気持ちでいただく
大阪メンバーまなの手作りの種無しパン
そしてブドウジュース

特別な味がしました
温かくて、愛のこもった
イエス様が心の中に入ってくるような
そんな感覚になりました

Pastor RIEが献金の意味を
話してくれました

『私達の生活は神様に
必要を与えられ守られている

仕事を与えられ働けるに感謝
家を与えられ
寝るところがあることに感謝
すべてのことは
神様が与えてくださったこと
その事に感謝の気持ちをもって
ありがとうの気持ちで
献金を神様に捧げてください』

私達は愛され、生かされてる
心から感謝して
喜んで献金を捧げました

ーーーーーーーーーーーー

GBC事務局からの
お知らせがありました

⚠GBC大阪の夕礼拝が9月から
毎週木曜日→毎週金曜日に変更

⚠GBC大阪礼拝が10月から
第4日曜日→第1日曜日に変更

⚠9/1(土)からGBCラジオは
Sound Cloud →Podcastに変更

ーーーーーーーーーーーー

最後にまなちぇるの祈りで
大阪礼拝が終了しました

今回、Pastor RIE は
メッセージを用意していました

それでも神様は今、
私たちに必要な事を語ってくれました

タイムリーにメッセージを
語ってくれる神様に感謝します✨

そして通し管として
自分の計画や思いではなく
いつも神様のメッセージを優先し
私達に語ってくれるPastor RIE に
心から感謝します❤

報告者
God Blessings Church -Yuki-

8/5(日) GBC埼玉礼拝レポート

8/5(日) GBC埼玉礼拝レポート

GBC埼玉が立ち上がって
初めての礼拝となりました

参加者13名
そのうち子どもが5名

テーマ
『喜びの声を叫ぶ』

角笛の意味をPastor RIEが
教えてくれました

・角笛は、サタンが嫌がる音
・霊で聞こえている角笛の音を聞いて
散らされた人々が集められる

みんな喜ぶことはもうできていると思う
だからもう、次の段階に進まなくてはいけない

喜ぶだけではダメ
喜び叫ぶことが必要!

喜びの叫びを上げる事で
要塞を打ち砕くには
自分が新しくならないと崩せない

もう、古い自分では戦えない
その段階に来ている

✨ヨエル書 3章16節✨

『主はシオンから叫び、
エルサレムから声を出される。
天も地も震える。
だが、主は、その民の避け所、
イスラエルの子らのとりでである。』

自分は弱いという
間違った思いを捨てる

私達、神様の子どもは
神様の権威を持っているから
神様と同じ叫びになる

私達の叫びは神様の叫びとなる

✨ヨエル書 3章18節✨

『その日、山々には
甘いぶどう酒がしたたり、
丘々には乳が流れ、
ユダのすべての谷川には水が流れ、
主の宮から泉がわきいで、
シティムの渓流を潤す。』

主の宮=私たちの体

私たちの体の中から
泉が湧き出る

♦️まず最初にやる事♦️

①敵の要塞がないかチェック

②叫ぶ、喜びの声をあげる
『神様感謝します』
『今日命を与えられた事感謝します』
『アホかーサタン!出て行けー』
『二度と来るなー!』

③大声で叫ぶ事で、
聖霊の火が燃え上がり
自分の中にある要塞が崩れる

④崩れたその場所から泉が湧き出る!!

数日前、インドからGBCにきた預言を
Pastor RIE がシェアしてくれた

✨列王記 第二 3章17節✨

『主がこう仰せられるからだ。
「風も見ず、大雨も見ないのに、
この谷には水があふれる。
あなたがたも、あなたがたの家畜も、
獣もこれを飲む。」』

古い心、古いもの、古い感情が
なくなったとき
心から泉が湧き出ていく

新しいぶどう酒を、
古い皮袋に入れると避けて
流れ出てしまうように

古いものは役に立たない

よく吟味すること
小さな傷を見逃すと
大きな傷になる

聖霊様の言ってくれた小さな事を逃すと
どんどん積み重なって行く

聞いたときに直ぐにやる
直ぐに行動することを実践する

小さなことが大きくなっていくから
注意深く聖霊様の声を聞いて
素早く行動する

そして叫び声をあげると
体の中で聖霊の火が大きくなる

角笛と喜びの叫びは
モヤモヤを聖霊の火で燃やしてくれる

新しい油注ぎを受けることができる

新しい啓示を受けることができる

心が潤わされる
川が流れ、潤され、啓示が現れる

ーーーーーーーーーー

実際に1人ずつ前に出て叫んだー!!
腹の底から大声で!!
古い自分を打ち破るために叫んだ!!

ーーーーーーーーーー
◼️叫んだ後の感想

・肩の荷が降りた
・疲れが吹っ飛んだ
・涙出て来た
・スッキリした
・子どもみたいになれた
・親だから大人でいないといけないと
思ってたことに気づいた

叫ぶときに神様が動かれる

大人になる必要はない
子どものよう素直に叫んだり
素直に表現することを
神様は望んでおられる

その後、それぞれが神様から与えられた
預言や啓示をシェアした

最後に、聖餐式、献金の時間をもち
お祈りで今回の埼玉礼拝は
終了しました

礼拝後、交わりの中で
自分の中の古い感情を
打ち砕いたメンバーがいました‼️

周りのメンバーに後押しをされ
一歩前に進んだ彼女‼️
もう、すでに新しくなった彼女‼️
すべてはここから始まります‼️

古い自分を捨てる勇気を持ったメンバーにハレルヤー!!

GBCは、新しいメンバーと
さらに新しい扉をくぐり
前進できたこと感謝します!!

報告者
God Blessings Church ゆき

2018.7.22(日) 大阪礼拝の報告

【大阪礼拝の報告】

10:15 オープン
10:30〜12:00

GBC沖縄メンバーの麻子が
大阪に来てくれました

初めて来られた方1名、全員で16名

賛美をしながら踊り
いつものように神様を呼び求めました

そして子供達の祈り
GBCには礼拝の
プログラムがありません

毎回聖霊様が語られる通りに
進めていきます

その後少し座って
Pastor RIE のメッセージが
始まりました

GBCの礼拝は丸く円になって
礼拝します

それが天の礼拝の形だからです

テーマは
『喜びの叫びをあげる』

もっともっと
喜びの叫びをあげなさいと
神様が言われている

喜びの声を上げると
全ての制限と束縛を
打ち砕くことができる

聖書にも喜び叫べという箇所が
何箇所もでてきます

詩篇 66篇1節
『全地よ。神に向かって喜び叫べ。』

詩篇 95篇1節
『さあ、主に向かって、
喜び歌おう。われらの救いの岩に
向かって、喜び叫ぼう。』

詩篇 33篇3節
『新しい歌を主に向かって歌え。
喜びの叫びとともに、
巧みに弦をかき鳴らせ。』

詩篇 100篇1~2節
『全地よ。主に向かって
喜びの声をあげよ。
喜びをもって主に仕えよ。
喜び歌いつつ御前に来たれ。』

叫びをあげることで
敵の要塞を打ち砕くことができる

神様はすべてに実りがあるように
願っておられる

しかし 敵は
その実をならせないようにする

喜びの叫びは
仕事 経済 人間関係などの中に
敵がつくった良くない状況を
打ち砕く力がある

私たちは王国のこどもであり
神様の権威がある

だから叫びで打ち砕ける

詩篇 29篇4~11節

『主の声は、力強く、
主の声は、威厳がある。
主の声は、杉の木を引き裂く。
まことに、主はレバノンの
杉の木を打ち砕く。
主は、それらを、子牛のように、
はねさせる。レバノンとシルヨンを
若い野牛のように。
主の声は、火の炎を、ひらめかせる。
主の声は、荒野をゆすぶり、
主は、カデシュの荒野を、
ゆすぶられる。
主の声は、雌鹿に産みの苦しみをさせ、
大森林を裸にする。
その宮で、すべてのものが、
「栄光」と言う。
主は、大洪水のときに御座に
着かれた。まことに、
主は、とこしえに王として
御座に着いておられる。
主は、ご自身の民に力をお与えになる。
主は、平安をもって、
ご自身の民を祝福される。』

賛美のシャウトは
神の支配と神の王権をもたらします

そしてもう一度立ち上がって
みんなで賛美をしました

次は1人ずつマイクを持って
神様に向かって喜び叫んだんです

『ハレルヤ』
『Thank you Jesus』
『私達は圧倒的勝利者です』
『私達は神様によってなんでも出来る』
『感謝します』

それぞれが思い思いに神様に
喜び叫びました

角笛を吹いて喜び叫び
みんなの御霊が1つになりました

そして、聖餐式、献金へと
移りました

最後にまきの証がありました

先日、ある出来事がありました
とても個人的な事なので
ここでは詳細は伏せたいと思いますが

その出来事で学んだ事は
人は人に居場所を求めても
なんの解決にもならないという事

そして、愛しているからこそ
突き放すという事も必要だという事

いつまでもよしよしと
頭を撫でてばかりでは
成長しない

1人でしっかりと
立って欲しいからこそ
叱るという事

守るだけ、優しいだけが
愛ではない

突き放す愛もある
だから
突き放すという勇気も持って欲しい

改めて愛という事を
考えさせられました

礼拝後、交わりの中で
今回神様に導かれて
参加してくれた方が
やはり神様の導きだったと
礼拝に参加してよかったと
語ってくれました

そして、神様を信じていたその方は
今度洗礼を受けたいと
申し出てくれました

ハレルヤー!!

新しい扉がどんどん開いていきます
神様は常に新しい事を
私達に見せてくれます

また、GBCに新しい神様の家族を
与えてくれました!
心から感謝します!!

Praise the Lord!!
Hallelujah!!!!

報告者
God Blessings Church ゆき

2018.7.8(日)神奈川礼拝の報告

【神奈川礼拝の報告】

2018.7.8(日)

10:00オープン
10:15〜12:00

いつもの会場ではなく、
新しい会場で15名の参加者とともに
神様を礼拝しました

場所も時間も前回までと違うので
久々の再会もあり
神様の計画と導きに
ワクワクが止まりませんでした

初めての参加者が3名
親子連れでした

初めての参加者さんのために
GBCの礼拝は、

走ったり踊ったりすること
旗を振る意味
円になって礼拝する意味
天の賛美など

みことばを使って説明し
意味を知った上で
踊り、走り回りました

 

今回のキーワードは

『新しい扉は開かれた』

ということでした

7月に入り、ずっと神様から語られていたこと

新しい扉が開いた
前に進みなさい
すべてが明るみに出る
今まで良いと思っていた人の中身が暴かれる

天の賛美では、
神様からのメッセージが
一人一人に賛美で伝えられました

私達には一人一人に賜物が与えられていて
それをもっと使いなさいということ

預言ができるもの
啓示を受け取るものは
もっともっと語りなさいと
神様からのメッセージがあった

私達は世の光、地の塩で
私達自身が天の御国を見せていくことができる

私達が歩く場所は
お花畑になる

喜び笑顔で過ごすことで
どこであってもお花畑になる

私達は天国を運ぶもの

これからどんどん
内面が明らかにされていく

外見にとらわれず内面を見ていきなさい

しっかりと神様の声を聞いて
導きに従っていくことが大切

すべては新しくなった
過去に戻ってる場合ではない
新しくなった自分で
どんどん前に進んでいこう!

神様をもっと慕い求めて
もっとみことばを求めよう

預言とは、愛と励まし
良いことしか起こらない
それが神様からのメッセージ

善と悪を見極めることの大切さを
しっかりと学んだ礼拝になった

ピリピ3章を読んでください
その中でもキーワードになる部分は
13〜14章です

ピリピ人への手紙 3章13~14節

『兄弟たちよ。
私は、自分はすでに
捕らえたなどと考えてはいません。
ただ、この一事に励んでいます。

すなわち、うしろのものを忘れ、
ひたむきに前のものに向かって進み、
キリスト・イエスにおいて
上に召してくださる
神の栄冠を得るために、
目標を目ざして
一心に走っているのです。』

神様は後ろを振り向くなと
何度も何度も言いました

そしてマナを与えると言われました

神様の計画はすでに動き出した!

『古いものは過ぎ去った
見よ、すべてが新しくなった』

このみことば通りに
どんどん新しくなっていこうでは
ありませんか!!

そして今回、サタンの攻撃にも負けず
やってきた新しいメンバー達

新たにGBC埼玉が立ち上がりました️

神様は、すでに新しい計画をスタートさせました!
どんどん新しくなるGBC️

メンバー同士、しっかりと一致して
先輩メンバーは、
新しいメンバーをサポートしていきながら
神様のスピードにしっかりとついていきましょう️

また、ここに書ききれない詳細は
GBCラジオの毎週火曜日放送の新番組
『礼拝レポート』で報告させていただきます

ハレルヤーーー!!
神様!!
新しい出会い、新しい計画に
感謝します️

報告者
God Blessings Church ゆき

【長野礼拝の報告】

2018.7.1(日)

8:00〜9:30 (ウォーキング礼拝ライブ中継)
10:15〜12:00 (長野礼拝)
15:00〜15:30 (広島JMCNとGBC、中継を通し礼拝)
15:30〜16:00 (戸隠にてGBCライブ中継礼拝)

今回は4部構成の礼拝となりました

前日夜中、夜行バスで大阪から長野へ移動
翌朝長野に着き、GBC長野メンバーのメアリーと合流

朝ごはんを食べた後、長野駅から善光寺まで、
ウォーキングしながら朝礼拝、FBでライブ配信をしました

その日は周辺でお祭りがあるという事で、
すでに準備する人達や観光客がチラホラいました

祈りと賛美をしながらウォーキング、
携帯でライブ配信をしていた為、
周りの人達も耳を傾けて聞いていました

何気ない日常生活の中で、
誰かの耳にうっかり福音が入り、
神様の愛の種が植えられたと
イエスの御名で宣言します!感謝します!

その後、もう1人のGBC長野メンバーキャサリンと合流

キャサリンは、朝からサタンの攻撃を受け、
足と腰の痛みを訴え

痛くて車からおりられなくて
一度は礼拝にいけないといったキャサリン

これは礼拝で 神様の御業をみさせないようにする
サタンのしわざや!

とPastor RIEがいい
キャサリンに電話
車から降りられないなら
車の中で祈るから
とにかく来てといって
会場の駐車場まで
信仰をもってきたキャサリン

そして
痛みをこらえ
足を引きづりながら
一旦車からおりて
癒しの祈りをした

 

すっかりイエス様に癒されて
礼拝では 旗をもって
走り回るほど癒された

その後、メアリーの心の癒し、回復へと祈りが続いた

癒されたキャサリンとメアリーは、
そのまま長野礼拝に参加

いつものように旗を振って、
賛美しながら走り回り、神様だけを褒め称えました

長野礼拝は2年ぶり
全てが新しいものばかり

旗を振る事も!
飛び跳ねて踊る事も!
ボディゴスペルも!
聖餐式も!

メアリーとキャサリンにとっては
すべてが初めての経験でした

今回の長野礼拝は、
他の教会からも、友達の参加もなく
GBCメンバーだけの礼拝になりました

『原点』

それが今回のキーワードでした

ヨハネの福音書 15章9節

『父がわたしを愛されたように、
わたしもあなたがたを愛しました。
わたしの愛の中にとどまりなさい。』

Pastor RIEのメッセージでは

愛を感じられない人、
どんな感情にも反応できない人
虚無感がある人、
自分の昔のトラウマやゆるせないという感情に
支配されてる人、
空元気な人、
すべてを抱え込んでしまう人、

すべて神様の愛の中にとどまりなさい。
もしそんな感情が出てきたら
『その感情をイエスの御名でキャンセルします』
と実践する事

自分でキャンセルできないからこそ
イエスの御名の権威を使い、
神様にお願いする

そして、いつも喜びを選びとる!
神様の愛の中にとどまるという、
原点に戻って神様との繋がりを
一人一人強めていくことの大切さを
改めて学びました

礼拝後、『戸隠に行きなさい』という
聖霊様の声に従い、レンタカーを借りて戸隠へ

途中、山の中にある、
隣同士2軒並ぶ蕎麦屋さんを発見!

聖霊様に導かれ『大久保西の茶屋 戸隠本店』に
入りました
400年の民家をお蕎麦屋さんにしていて、
とても風情のあるお店

のちに何故ここに導かれたのか、
理由がわかったのです

ホールの方が、私達が大阪弁を喋っていたのを聞いて、
発音もバッチリの大阪弁を話してきました

その方は、長野県の生まれだけど、
大阪の友達がいて大阪弁を鍛えられたというのです

こんなチャンスはない!!
神様の導きに感謝!!

帰り際、Pastor RIEが記念に一緒に写真を撮ろうと言い、みんなで記念撮影

『写真送るわー!インスタやってる?FBやってる?』
と聞いたらFBをやってる事がわかり連絡先ゲット

そしてその時、その定員さんが
『バンドやってるんです』と言ったので

すかさずPastor RIEが
『バンドやってるんや!私はこう見えて牧師やねん!』
といつもの笑顔で言うと

『悪魔のバンドをやってる!』
と言うではありませんか!!

間髪入れず
『ほな、エンジェルバンドに変えてもらわなあかんな 笑』と言うPastor RIE

そのテンポの良さに、
神様のタイミングを逃さない
Pastor RIEの忠実さを見て、
また1つ勉強になりました

そしてまったく焦りもせず、
ただ神様の愛の種を植えただけでした

ここのお蕎麦屋さんは、
年に2回6月と11月に大阪の高島屋さんに
イベント出店されてるそうです!
11月に大阪で再会することを約束して
お店を後にしました

山の上の戸隠を目指しさらに車を走らせ到着。
車を停めて、森へと歩き出しました
どんどん奥へ入っていき、
後もう少しで大木の中へ入るという
まさにその瞬間!!

Pastor RIEがHelp Pastor をしている、
JMCNのPastor Mimiから電話がかかってきて、
広島のJMCNメンバーと
GBCメンバーが中継で繋がりました!

 

戸隠…『隠された戸を開く』
その瞬間に、Pastor Mimiと繋がった事は、
聖霊様の導き以外に考えられませんでした

イザヤ書 45章2~3節

『わたしはあなたの前に進んで、
険しい地を平らにし、
青銅のとびらを打ち砕き、
鉄のかんぬきをへし折る。

わたしは秘められている財宝と、
ひそかな所の隠された宝をあなたに与える。
それは、わたしが主であり、
あなたの名を呼ぶ者、
イスラエルの神であることをあなたが知るためだ。』

詩篇 24篇7節

『門よ。おまえたちのかしらを上げよ。
永遠の戸よ。上がれ。
栄光の王が入って来られる。』

中継を通し、御霊の一致で共に神様を礼拝する
まさしく隠された戸が開き、
王が入って来られたのです️

広島との中継の後は、
GBC2回目のFBライブ配信がスタート!
お祈りをして、賛美を捧げて、
そして神様が語られたのは、

『隠された戸を開く。
すべてが明らかになる。
表向きはよく見える人でも、心の中は違う。
上辺に惑わされてはいけない。
気をつけなさい。』

という事でした

その場所にイエスの血潮を塗り、
イエスの御名で勝ち取りました

道を歩く一般の方は、私達の天の賛美を聞き
歩いて行きました

すべてが新しくなる
そしてすべてが明るみに出る

戸隠に行けと言われた
聖霊様の答えがそこにありました

地に根を張り、
真っ直ぐに伸びる杉の木
私達の信仰も、
イエス様を土台とし、
しっかりと神様の声を聞いていれば、
どんどん大きく霊的成長ができる!

その事を神様は私達に見せてくれました

そして、大木の中へ入って行く道のりは、
とても蚊が多くて、
顔や、手足にもずっとまとわりつき、
離れなかったのにもかかわらず
誰も蚊に刺されなかった!!

いつもイエス様が守ってくださってるという
証にもなった!!
ここにもメッセージが隠されてた!!

朝、足の痛かったキャサリンも、
戸隠の山を登りきった!!
自分から神様に近づいたのです!!

ハレルヤー!!
今回の長野礼拝は、
GBC長野が立ち上がった時の
最初のメンバーだけでした

『原点に戻る』というメッセージ
新しいスタートがきれた事
神様!心から感謝します️

Praise the Lord!!!!
Hallelujah!!!!

報告者
God Blessings Church ゆき

2018.6.24(日)GBC大阪礼拝報告

GBC大阪礼拝報告

10:30〜12:00 スタジオアジャリにて

参加者18名、その内初めて来られた方が3名、
佐賀、東京、兵庫から来てくれました。

まずはいつものようにゴスペルをかけて、
旗を振り踊って、神様だけを褒め称えました。

 

Pastor RIEのメッセージでは、
先週の新潟礼拝後の大火傷と大阪の大地震の
詳細の報告を通し、大火傷を負った、
その後のサヨの元気な姿をプロジェクターに
映し出し見てもらいながら、この事を通して、
『人をゆるす』という事を教わりました。

そして、どんなに腹ただしい事が
起こったとしても、イエス様のように
いつもゆるす事ができる者である為の
『準備をする事』『愛の種まきをする事』、
それが本当のクリスチャンの姿ではないか。
神様が私達に望んでいる事が
ハッキリとわかりました。

コリント人への手紙 第二 2章5~11節

『もしある人が悲しみのもとになったとすれば、
その人は、私を悲しませたというよりも、
ある程度--というのは言い過ぎに
ならないためですが--
あなたがた全部を悲しませたのです。
その人にとっては、すでに多数の人から
受けたあの処罰で十分ですから、
あなたがたは、むしろ、その人を赦し、
慰めてあげなさい。そうしないと、
その人はあまりにも深い悲しみに
押しつぶされてしまうかもしれません。

そこで私は、その人に対する愛を確認することを、
あなたがたに勧めます。”私が手紙を書いたのは、
あなたがたがすべてのことにおいて
従順であるかどうかをためすためであったのです。

もしあなたがたが人を赦すなら、
私もその人を赦します。
私が何かを赦したのなら、私の赦したことは、
あなたがたのために、キリストの御前で
赦したのです。

これは、私たちがサタンに欺かれないためです。
私たちはサタンの策略を
知らないわけではありません。』

そしてGBCのテーマソングでも
使わせてもらっている
Bigfumi さんとの出会いの報告、
これから更に神様の働き手として
GBCが用いられてる事を実感しました。

礼拝後の交わりでは、
佐賀から来られた
佐藤さんの証を聞き涙しました。

【佐藤さんの証】

佐藤さんは、熱心なクリスチャンホームで
育ったけれど、教会にサタンが入り込み分裂。
それでつまずいて教会を離れました。

20年以上、信仰から離れ、東京、大阪、京都等で
4社の会社を経営していました。
しかも神社に深く携わった仕事でした。
社会の方が教会より凄いと思い益々神様から
離れていく事に。

クリスチャンに出会うと、
教会には行かない方がいい、ろくな事はない
と言うまでになっていました。

京都で暮らしていた時病気になり、
全てを退くことになりました。
医師からは余命数日と言われ、
透析や抗生剤の効かないウィルスに
冒され隔離病棟へ入院。

6年間の闘病中に、再び神様に出会い
『佐賀に行きなさい』と示されました。
『いつ治るかわからない状態なのに佐賀に
行ける訳がない。本当に神様が行けと言うなら、
行けるようにしてください。』
佐藤さんはそう神様に言ったそうです。

その後、入院先に『佐賀県に来てほしい』
という仕事のオファーが入り、
神様の導きだと改めて感じ、
悔い改めて信仰に戻りました。
そして奇跡が起こり復活。
退院後、佐賀に移り住み現在に至ります。

GBCのことは知らなかったそうですが、
京都の病院で祈っているときに
大阪で聖霊が働かれている教会があると示され、
GBCにたどり着き、それからずっと
ブログやFBの中継等も見てくれて、
確かに聖霊が働かれていることを確信したそうです。

佐藤さんの周りには、知り合いの
牧師さんもたくさんいたそうですが、
神様はGBCに行くように言いました。

その時、神様は『GBCをとても愛している』
と言ったそうです。

ハレルヤー!!神様はGBCを本当に愛し、
用いてくださっている!!
だからどんなに非難されようと、
どんなに攻撃されようと
神様が味方なのだから怖いものなんてない!!
ただ、主に忠実にみことばを実践するのみ!!

私達がやってきた事は
間違ってなかったと確信しました。

その後、佐藤さんの癒しの祈りをしました。

腰の痛み、左足のボルトの入った
膝の痛みはすぐに癒されました。

1番大きな病気は、週に3回透析を受け、
現在おしっこが全く出ないこと。
神様に期待し祈りの後、トイレへ。

そこで奇跡が起きた!!
7年間全く出なかったおしっこが出た!!

信仰だけで、佐賀から日帰りで
GBCの大阪礼拝に来てくれた佐藤さん。
その熱い信仰に涙せずにはいられなかった。
本当に神様の導きに感謝します!

佐賀県は日本で1番教会が無いところだそうです。
だから、今日新しくGBC佐賀が立ち上がりました。
これから佐賀にも行きます!!ハレルヤ!

そして新しい神様の家族、
佐藤さんこと”がんちゃん”を
よろしくお願いします!

イエス様は今も生きておられる!!
Thank you Jesus!!!!
Hallelujah!!!!

🔥マタイの福音書 9章22節🔥

イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。
「娘よ。しっかりしなさい。
あなたの信仰があなたを直したのです。」
すると、女はその時から全く直った。

報告者
God Blessings Church ゆき

GBC新潟礼拝の報告

【GBC新潟礼拝の報告】

長文ですので、時間がある時に読んで頂けると幸いです。

■ 2018.6.17(日) 14:15〜16:30

参加者17名、その中でも新しく来てくださった方が7名いました。

Pastor RIEが最初に、旗の意味、なぜ旗を振って賛美し踊るのか、みことばを使って説明してくれた

その後実際に旗を振って、賛美に合わせて踊りました。最初は、本当に頑なな殻の中に閉じこもってる感じだったけど、段々緩んでいきました。ゆきの癒しの証、Pastor RIEのメッセージ、いっこのショートメッセージという流れでした。

キーワードは『感謝すること』

どんな状況にも感謝をすること、たとえ苦々しい思いがきたとしても、感謝をしみことばに書いてあることを選び取り実践することの大切さを教わりました

その後、信仰告白1名
次回洗礼をする事が決まりました

礼拝後は、新潟メンバーのリナファミリーが、私達を美味しいタレカツ屋さんに連れて行ってくれました。案内された座敷で事故に巻き込まれたのです。

注文した味噌汁とタレカツを運んできた店員さんが、少しの段差につまずきリナの4歳の娘サヨの頭の上に、90度の味噌汁7杯がかかりました。

すぐに服を脱がせ、身体中を氷で冷やしなりふり構わずイエスの御名で祈りました。周りの座敷には一般客が満員。騒然となりました。

サヨの小さな体はみるみる皮がズル剥けになり、サヨは『熱いー熱いー』と泣き叫びました。ルツ(父親)がサヨを抱き、リナとゆきが氷で全身を冷やしながら祈り、いっこは救急車、氷の手配を店の人に頼み、まなちぇるは割れた食器で怪我をしないように片付け、恐怖で怯え泣きじゃくるいっこの娘みおとサヨの姉りんかを、Pastor RIEが抱きかかえて『こんな時こそ祈ろう』と冷静にその場を即座に判断して、すべての事に配慮してくれました。みんなで一致してイエスの御名で祈り続けました。

救急車が到着し、新潟大学病院へ搬送され処置室に入りました。私達はその場にいたお客さん達にせっかくの夕食の時間を騒がせてしまった事を謝り、お店の人が呼んでくれたタクシーに乗り病院へ。泣け叫ぶサヨの声が響く。。。私達には祈ることしかできませんでした。GBCラインで祈りを頼み、FBで全国の方に祈りの援護射撃を呼びかけました。本当に多くの方が呼びかけに応えてくださり祈ってくれました。

しばらくしてお店の部長さん、主任さんが病院に駆けつけてきて、頭を深々と下げていました。Pastor RIEがお店の人に『私達はクリスチャンです。いろんな思いはありますが、ゆるします。聖書にもゆるしなさいと書いてあります。私達はそのみことばを実践します。親もクリスチャンです。もちろん、あなた方をゆるしています。ただサヨのために一緒に祈っていただけますか』そう語りました。お店の方は泣いて、みんなで輪になって手を繋ぎ一緒に祈りました。

『神様この状況に感謝します。私達はゆるします。今すぐサヨの痛み、心を癒してください。リナ、ルツ、りんかの心を守ってください。従業員の方の心を癒してください。自分を責める事のないように、トラウマになる事のないように、今、心に触れてください。感謝します。イエスの御名で祈ります。アーメン』

そして『一緒に祈ってくれてありがとうございます。感謝します。彼らは本当にあなた方のお店が大好きで、美味しいタレカツを食べさせたいと私達を連れて行ってくれたんです。彼らの気持ちを大切にしてください。これからはただ料理を出すだけではなく、愛を届けてください。彼らのようにお店を愛している人がいる事を覚えておいてください。彼らに誠意を見せてください。私達も食べたかったです。だから必ず今度はお店に食べに行きます。』とPastor RIEが伝えると、お店の方は泣き崩れました。

処置室から出てきたルツは『娘ですから、傷跡が残らない事だけ願います。』そう一言お店の方に言っただけでした。リナとルツも本当に親として辛かったはず。。。でも神様の愛で相手をゆるしていました。

その後、ICUに移ると親も付き添いが出来ないので、一度帰って頂いた方が…と看護師から言われて、リナだけ処置室に残り、後のメンバーは一旦引き上げました。

その後、2時間も経たないうちに、リナからPastor RIE に『サヨが喋れるようになって、お腹すいたとご飯も少し食べれるようになった』と連絡が入りました。
本当に奇跡です!!イエス様が驚異的な速さでサヨの体を癒してくれました!!

◼️2018.6.18(月)

翌朝、朝食を食べてる時に、私達の住む大阪で震度6の大地震が起こると緊急速報が流れ、すぐに大阪へ連絡。GBC大阪メンバーと連絡を取りながら状況確認していました。そんな中お店の部長さん、店長さん、主任さんがホテルまで、熱々のタレカツ丼を持ち再び謝罪に来られました。
再び、Pastor RIEは語りました。

『聖書にはすべての事に感謝しなさいと書いてあります。今回の事にも意味があります。(中略) 昨日も言いましたが絶対にスタッフさんを責めないでください。トラウマになる事がないように、私達も祈っています。そしてあなた方も自分を責めないでください。これは事故です。私達はすべてをゆるしています。サヨの両親もゆるしています。必ずもっともっと良いお店になります。大きくなります。私達も新潟=嫌な思い出にしたくないので、必ず今度来た時はお店に伺います。その時は美味しいタレカツを食べさせてくださいね。だからまたみんなで力を合わせて頑張ってください。私達はこれから大阪に帰ります。今、私達の住む地域に地震が起こってます。無事に帰れるように祈っててください』

本当に語られた言葉は、イエス様が語っているようだった。お店の方は涙を流されてました。そして私達は『もう泣かないで』と笑顔で3人とハグをしました。

チェックアウトした後、再度サヨの様子を見に新潟大学病院へ。お店の方も私達を訪ねてきた後そのまま病院へ謝罪に行っていて、再び病院で会いました。サヨは寝ていましたが、リナと話す事ができた。サヨは朝もヨーグルトを食べたり、遊んだり、大火傷した事が嘘のように元気だと話してくれた。寝てるサヨの体に手をかざし癒しの祈りをして、私達は空港へ。

飛行機はかろうじて飛びましたが、関西空港からの道が全て途絶えていました。
電車も阪神高速も全線ストップ。関西空港は埋立地のため、海を渡らなければならない。全国から、安否確認がジャンジャン入ってくる。関空に1泊する事を覚悟して飛行機に乗りこんだ。そして再度祈ってほしいとFBで呼びかけてみんなの祈りの力を借りました。

関西空港に着いて、Wi-Fiを繋ぐと奇跡的に阪神高速が復旧!!ハレルヤー!空港バスで大阪駅まで帰れる事になった。大阪からりえ、まなちぇる、ゆきの住む庄内までなら、歩いても1時間あれば帰れる距離。『家に帰れる!』神様に心から感謝しました。

問題は、阪神電車が動いてるか。。。いっことみおは、尼崎に住んでる。携帯で路線を調べたら動いてるーー!!ハレルヤー!いっこ達も家に帰れる!!

神様はすべての道を整えてくれた。しかも渋滞しているから80分かかると言っていたのに、55分で大阪駅に着いた。
阪急電車も動き無事庄内に到着。真っ先にRIEのお母さんの家へ。お母さんとハグをして無事を喜んだ。地震があった後、すぐに大阪メンバーのたかとまなが、自分の家も被害があったのに真っ先にお母さんの家に駆けつけ、1日中お母さんのそばについててくれた。だからRIEのお母さんも安心してRIEの帰りを待てたと震える声で語ってくれた。本当に神様の家族の愛に感謝した。

その後、みんなでゆきの家へ。食器は割れ棚から落ちたコーヒーの瓶がキッチンの水道のレバーを押して、全開で水が出っ放し、冷蔵庫もドアが開いていた。

RIEの家は、食器が少し割れ、TVが落下して画面が割れていたが、まだマシな方だった。

GBCハウスは、本棚に飾ってた額が落ち、コップが落ちて取っ手が1つ取れただけで被害は免れた。

そしてGBCハウスのテーブルの上に、キラリと光るものが!!近づいてみると綺麗にカットされたダイヤモンドだった!
ガラスの破片じゃない!!大きな大きな神様からのプレゼントだった❤️

この2日間でたくさんの事を学んだ。
神様の計画は計り知れない。この2日間を通して、『全てに感謝すること。ゆるすこと。祈り合うこと。支え合うこと。神様の愛を実践すること。それがクリスチャンの本当の姿だ。』という事を神様からしっかりと教えてもらった。

一人一人が自分の与えられた使命を果たし、危機を乗り越えられた。誰か1人でも欠けていたら乗り越えられなかったと思う。

GBCメンバー、全国の皆さんにもたくさん祈りの援護射撃をして頂いた。この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

引き続き、サヨの完全な回復と岡田家の心、お店の方々、その場に居合わせたお客さんがトラウマにならず心が守られるように、震災被害の復興、被災した方々の心が守られるように、お祈りして頂けると幸いです。

すべての栄光を神様にお返しします
Praise the Lord. Hallelujah.

🔥 テサロニケ人への手紙 第一 5章18節🔥

『すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。』

報告者
God Blessings Church ゆき

6/14(木)JMCNとGBCタッグチーム

6/14はGBCにとって素晴らしい転機と
出逢いと一致がありました

私とミミ牧師は 不思議なぐらい
同じような人生の道のりを通ってる
そしてミミ牧師はカトリックから
プロテスタントになり さらに牧師となって
神様の道だけをまっしぐら!
嫌なことも 多くいわれたし
迫害も多々うけてきた 2人

でも
いつも喜びを選び取り笑顔で進んできた
その2人が牧会する教会
ミミ牧師のJmcnと GBCの牧師RIEが
タッグを組んだ

元アイドルのミミと
芸能界の衣装を20年やってきた私
元プロレスラーのミミと
プロレスラーの衣装をデザインしてた私
あまりにも共通点が多い2人が
今 牧師となって今 こうして出逢ったのも
神様の大きな計画がある

人は過去に偏見をもち 人を裁く
でも みんな完璧じゃないからこそ
支え合い 助けあって 手をとりあって
進んでいかなあかん
そして 何よりイエス様の愛が必要

そしてイエス様が与えてくれた
この熱い熱い Jmcnのミミ牧師と
愛がいっぱいのメンバーが
とっても大好きです️
出逢いに感謝です
神様の家族を与えられて感謝します

木曜の夕方礼拝は
GBCハウスが満員!!
6/14の新しいスタートに
14人の天の勇者が集まれたこと
嬉しくて みんなで泣いた
4っていう数字がすきな私
1番 4(幸せ)な この14日に
天からの大きなプレゼントだった

ハレルヤーーー️

God Blessings Church
牧師RIE