GBCの働き

インドの孤児院から お礼のラブレターが届きました!

インドの孤児院への支援献金を
してくださった皆様
ありがとうございます!

インドの孤児院から
ラブレターつきで
支援物資の感謝がとどきましたので
ご報告致します❣️✨

可愛いインドの孤児院の
子供たちの写真に

“ありがとう!JMCN!GBCの家族達!
この素晴らしい恵みに感謝!”

と書いてあります🌈✨

まだまだ遊牧民や
ケニヤに献金が
おくれていません

まだ 献金の目標額に
達することができておらず
送金することができません

与えられるより
与える方が幸いだと
みことばにあるように
自分の生活も大変かもしれませんが
小さなものにすることは
イエス様にすること

そのことを心にとめて
再度献金のお願いをしたいです

ご協力よろしくお願いします‼️

GBC口座

ゆうちょ銀行からのATMお振込み●
ゆうちょ銀行
記号14140 番号45399951
ゴッドブレッシングスチャーチ

●他銀行からのATMお振込み●

ゆうちょ銀行
<店名> 四一八支店
普通
<口座番号> 4539995
<口座名>
ゴッドブレッシングスチャーチ

GBC礼拝&聖会スケジュール変更のお知らせ

⚠️GBC礼拝&聖会スケジュール変更のお知らせ⚠️

7/14(土).15(日).16(月)に予定していました
日韓合同カンファレンスへのGBCの参加は
災害により高速など通行止めになっている
箇所が多いことと
災害支援の為なくなりました。

ご了承ください。
よろしくお願いします

http://gbc-radio.com/archives/192

【長野礼拝の報告】

2018.7.1(日)

8:00〜9:30 (ウォーキング礼拝ライブ中継)
10:15〜12:00 (長野礼拝)
15:00〜15:30 (広島JMCNとGBC、中継を通し礼拝)
15:30〜16:00 (戸隠にてGBCライブ中継礼拝)

今回は4部構成の礼拝となりました

前日夜中、夜行バスで大阪から長野へ移動
翌朝長野に着き、GBC長野メンバーのメアリーと合流

朝ごはんを食べた後、長野駅から善光寺まで、
ウォーキングしながら朝礼拝、FBでライブ配信をしました

その日は周辺でお祭りがあるという事で、
すでに準備する人達や観光客がチラホラいました

祈りと賛美をしながらウォーキング、
携帯でライブ配信をしていた為、
周りの人達も耳を傾けて聞いていました

何気ない日常生活の中で、
誰かの耳にうっかり福音が入り、
神様の愛の種が植えられたと
イエスの御名で宣言します!感謝します!

その後、もう1人のGBC長野メンバーキャサリンと合流

キャサリンは、朝からサタンの攻撃を受け、
足と腰の痛みを訴え

痛くて車からおりられなくて
一度は礼拝にいけないといったキャサリン

これは礼拝で 神様の御業をみさせないようにする
サタンのしわざや!

とPastor RIEがいい
キャサリンに電話
車から降りられないなら
車の中で祈るから
とにかく来てといって
会場の駐車場まで
信仰をもってきたキャサリン

そして
痛みをこらえ
足を引きづりながら
一旦車からおりて
癒しの祈りをした

 

すっかりイエス様に癒されて
礼拝では 旗をもって
走り回るほど癒された

その後、メアリーの心の癒し、回復へと祈りが続いた

癒されたキャサリンとメアリーは、
そのまま長野礼拝に参加

いつものように旗を振って、
賛美しながら走り回り、神様だけを褒め称えました

長野礼拝は2年ぶり
全てが新しいものばかり

旗を振る事も!
飛び跳ねて踊る事も!
ボディゴスペルも!
聖餐式も!

メアリーとキャサリンにとっては
すべてが初めての経験でした

今回の長野礼拝は、
他の教会からも、友達の参加もなく
GBCメンバーだけの礼拝になりました

『原点』

それが今回のキーワードでした

ヨハネの福音書 15章9節

『父がわたしを愛されたように、
わたしもあなたがたを愛しました。
わたしの愛の中にとどまりなさい。』

Pastor RIEのメッセージでは

愛を感じられない人、
どんな感情にも反応できない人
虚無感がある人、
自分の昔のトラウマやゆるせないという感情に
支配されてる人、
空元気な人、
すべてを抱え込んでしまう人、

すべて神様の愛の中にとどまりなさい。
もしそんな感情が出てきたら
『その感情をイエスの御名でキャンセルします』
と実践する事

自分でキャンセルできないからこそ
イエスの御名の権威を使い、
神様にお願いする

そして、いつも喜びを選びとる!
神様の愛の中にとどまるという、
原点に戻って神様との繋がりを
一人一人強めていくことの大切さを
改めて学びました

礼拝後、『戸隠に行きなさい』という
聖霊様の声に従い、レンタカーを借りて戸隠へ

途中、山の中にある、
隣同士2軒並ぶ蕎麦屋さんを発見!

聖霊様に導かれ『大久保西の茶屋 戸隠本店』に
入りました
400年の民家をお蕎麦屋さんにしていて、
とても風情のあるお店

のちに何故ここに導かれたのか、
理由がわかったのです

ホールの方が、私達が大阪弁を喋っていたのを聞いて、
発音もバッチリの大阪弁を話してきました

その方は、長野県の生まれだけど、
大阪の友達がいて大阪弁を鍛えられたというのです

こんなチャンスはない!!
神様の導きに感謝!!

帰り際、Pastor RIEが記念に一緒に写真を撮ろうと言い、みんなで記念撮影

『写真送るわー!インスタやってる?FBやってる?』
と聞いたらFBをやってる事がわかり連絡先ゲット

そしてその時、その定員さんが
『バンドやってるんです』と言ったので

すかさずPastor RIEが
『バンドやってるんや!私はこう見えて牧師やねん!』
といつもの笑顔で言うと

『悪魔のバンドをやってる!』
と言うではありませんか!!

間髪入れず
『ほな、エンジェルバンドに変えてもらわなあかんな 笑』と言うPastor RIE

そのテンポの良さに、
神様のタイミングを逃さない
Pastor RIEの忠実さを見て、
また1つ勉強になりました

そしてまったく焦りもせず、
ただ神様の愛の種を植えただけでした

ここのお蕎麦屋さんは、
年に2回6月と11月に大阪の高島屋さんに
イベント出店されてるそうです!
11月に大阪で再会することを約束して
お店を後にしました

山の上の戸隠を目指しさらに車を走らせ到着。
車を停めて、森へと歩き出しました
どんどん奥へ入っていき、
後もう少しで大木の中へ入るという
まさにその瞬間!!

Pastor RIEがHelp Pastor をしている、
JMCNのPastor Mimiから電話がかかってきて、
広島のJMCNメンバーと
GBCメンバーが中継で繋がりました!

 

戸隠…『隠された戸を開く』
その瞬間に、Pastor Mimiと繋がった事は、
聖霊様の導き以外に考えられませんでした

イザヤ書 45章2~3節

『わたしはあなたの前に進んで、
険しい地を平らにし、
青銅のとびらを打ち砕き、
鉄のかんぬきをへし折る。

わたしは秘められている財宝と、
ひそかな所の隠された宝をあなたに与える。
それは、わたしが主であり、
あなたの名を呼ぶ者、
イスラエルの神であることをあなたが知るためだ。』

詩篇 24篇7節

『門よ。おまえたちのかしらを上げよ。
永遠の戸よ。上がれ。
栄光の王が入って来られる。』

中継を通し、御霊の一致で共に神様を礼拝する
まさしく隠された戸が開き、
王が入って来られたのです️

広島との中継の後は、
GBC2回目のFBライブ配信がスタート!
お祈りをして、賛美を捧げて、
そして神様が語られたのは、

『隠された戸を開く。
すべてが明らかになる。
表向きはよく見える人でも、心の中は違う。
上辺に惑わされてはいけない。
気をつけなさい。』

という事でした

その場所にイエスの血潮を塗り、
イエスの御名で勝ち取りました

道を歩く一般の方は、私達の天の賛美を聞き
歩いて行きました

すべてが新しくなる
そしてすべてが明るみに出る

戸隠に行けと言われた
聖霊様の答えがそこにありました

地に根を張り、
真っ直ぐに伸びる杉の木
私達の信仰も、
イエス様を土台とし、
しっかりと神様の声を聞いていれば、
どんどん大きく霊的成長ができる!

その事を神様は私達に見せてくれました

そして、大木の中へ入って行く道のりは、
とても蚊が多くて、
顔や、手足にもずっとまとわりつき、
離れなかったのにもかかわらず
誰も蚊に刺されなかった!!

いつもイエス様が守ってくださってるという
証にもなった!!
ここにもメッセージが隠されてた!!

朝、足の痛かったキャサリンも、
戸隠の山を登りきった!!
自分から神様に近づいたのです!!

ハレルヤー!!
今回の長野礼拝は、
GBC長野が立ち上がった時の
最初のメンバーだけでした

『原点に戻る』というメッセージ
新しいスタートがきれた事
神様!心から感謝します️

Praise the Lord!!!!
Hallelujah!!!!

報告者
God Blessings Church ゆき

7/1(日)インドの孤児院・ジプシーの子どもたち・ケニアへの支援ご協力お願いします!

JMCNのPastor Mimiと
GBC Pastor RIEは
3つの支援を計画しています

パキスタンのジプシーの
子ども達への支援と
ケニヤへの支援と
インドの孤児院への支援です

パキスタンのジプシーの
子供達の現状は
一家族が10人ぐらいいます
みんな子供達が物乞いで生きています
女の子供達は10歳〜12歳の時に
口減らしのため他の家族と
結婚させられます

その結果多くの子供達は
子供を産む時に母体が耐えきれず 子供ともども
亡くなる悲惨なケースが
数え切れないほど起きています

パキスタン人としても国に
認めてもらえないジプシーの人々に
皆さんの暖かい支援をお願いします

ケニヤは 孤児や夫を内戦で
無くした妻達の支援です

お金を渡すのは簡単です
しかしそれでは ダメなのです

自分達で働き そして収穫するという
労働支援が大事だとおもうからです

だから 未亡人達には 自分達で植える
種を与えて 育て 収穫できる
労働支援をしていきます

インド ティパールにある
カルワリオ教会の孤児院を支援します

子ども達にイエス様の話を聞ける
チャンスをたくさん与えてあげたい
神様のことをたくさん伝えたいのです

この孤児院の子ども達の必要が
満たされるように
そして必要な学びができるように
そして必要な物かえるように

その場所に行けなくても
神様の家族を助けることはできます

小さなものにしたことは
イエス様にすることです
互いに助け合い 愛し合うことが
イエス様の一番喜ばれることです

この世界には多くの人々が
貧困で苦しんでいて
必要な物や 必要な学びができるように
そして何より魂の救いがあるように祈りながら
支援していきたいとおもいます

献金のご協力お願いします
集まった献金は Pastor Mimiが
責任をもって現地に送金してくれる
手配になっています

ーーーーーーーーーーーーーー

ジプシーの子ども達への支援
ケニヤの婦人達への支援
インドの孤児院への支援

この3つの支援をみなさんにも
協力していただきたいのです
みなさんからの愛の献金は
この3つのうちのどれかに送金に
なります

もし個々に示されて

私ジプシーへ献金がしたい
ケニヤへ 献金がしたい
インドへ献金がしたい
とおもわれた方は
振り込みされる際に
ご自分の名前の前に
ジプシー、ケニヤ、インドと
入力していただければ
そちらへ献金します

皆さんからの愛の献金を
よろしくお願いします

Jesus Ministry Christ Nation (JMCN)
Pastor Mimi Hagiwara
God Blessings Church(GBC)
Pastor RIE

-GBC口座-

●ゆうちょ銀行からのATMお振込み●
ゆうちょ銀行
記号14140
番号‭45399951‬
ゴッドブレッシングスチャーチ

●他銀行からのATMお振込み●

ゆうちょ銀行
<店名> 四一八支店
普通
<口座番号> ‭4539995‬
<口座名>
ゴッドブレッシングスチャーチ

新潟のさよの大火傷その後のご報告

GBC新潟礼拝報告で伝えました
さよの大火傷のその後の報告です。

新潟で起こった大火傷
さよの回復が早くなっています!

皆さんのとりなしのお祈りのおかげであり
イエス様のおかげです!

心から感謝します✨✨😂✨✨

さよのママである里奈からの
報告をシェアします✨✨

———————————

お祈り感謝します!
報告です。

大火傷を負って、入院した娘のさよですが、
予定では7/9、約三週間の入院予定でした。
しかし、通院でも良さそうと判断され
なんと明日退院出来そうです!!

予定からな2週間も縮み
火傷した日から、約一週間の入院でした。。
神様はすごいです😂

皆さんお祈りありがとうございました✨
報告でした✨

画像は、1週間前と、今日の様子です
治りがはやい!!

2018.6.24(日)GBC大阪礼拝報告

2018.6.24(日)GBC大阪礼拝報告

10:30〜12:00 スタジオアジャリにて

参加者18名、その内初めて来られた方が3名、
佐賀、東京、兵庫から来てくれました。

まずはいつものようにゴスペルをかけて、
旗を振り踊って、神様だけを褒め称えました。

 

Pastor RIEのメッセージでは、
先週の新潟礼拝後の大火傷と大阪の大地震の
詳細の報告を通し、大火傷を負った、
その後のサヨの元気な姿をプロジェクターに
映し出し見てもらいながら、この事を通して、
『人をゆるす』という事を教わりました。

そして、どんなに腹ただしい事が
起こったとしても、イエス様のように
いつもゆるす事ができる者である為の
『準備をする事』『愛の種まきをする事』、
それが本当のクリスチャンの姿ではないか。
神様が私達に望んでいる事が
ハッキリとわかりました。

コリント人への手紙 第二 2章5~11節

『もしある人が悲しみのもとになったとすれば、
その人は、私を悲しませたというよりも、
ある程度--というのは言い過ぎに
ならないためですが--
あなたがた全部を悲しませたのです。
その人にとっては、すでに多数の人から
受けたあの処罰で十分ですから、
あなたがたは、むしろ、その人を赦し、
慰めてあげなさい。そうしないと、
その人はあまりにも深い悲しみに
押しつぶされてしまうかもしれません。

そこで私は、その人に対する愛を確認することを、
あなたがたに勧めます。”私が手紙を書いたのは、
あなたがたがすべてのことにおいて
従順であるかどうかをためすためであったのです。

もしあなたがたが人を赦すなら、
私もその人を赦します。
私が何かを赦したのなら、私の赦したことは、
あなたがたのために、キリストの御前で
赦したのです。

これは、私たちがサタンに欺かれないためです。
私たちはサタンの策略を
知らないわけではありません。』

そしてGBCのテーマソングでも
使わせてもらっている
Bigfumi さんとの出会いの報告、
これから更に神様の働き手として
GBCが用いられてる事を実感しました。

礼拝後の交わりでは、
佐賀から来られた
佐藤さんの証を聞き涙しました。

【佐藤さんの証】

佐藤さんは、熱心なクリスチャンホームで
育ったけれど、教会にサタンが入り込み分裂。
それでつまずいて教会を離れました。

20年以上、信仰から離れ、東京、大阪、京都等で
4社の会社を経営していました。
しかも神社に深く携わった仕事でした。
社会の方が教会より凄いと思い益々神様から
離れていく事に。

クリスチャンに出会うと、
教会には行かない方がいい、ろくな事はない
と言うまでになっていました。

京都で暮らしていた時病気になり、
全てを退くことになりました。
医師からは余命数日と言われ、
透析や抗生剤の効かないウィルスに
冒され隔離病棟へ入院。

6年間の闘病中に、再び神様に出会い
『佐賀に行きなさい』と示されました。
『いつ治るかわからない状態なのに佐賀に
行ける訳がない。本当に神様が行けと言うなら、
行けるようにしてください。』
佐藤さんはそう神様に言ったそうです。

その後、入院先に『佐賀県に来てほしい』
という仕事のオファーが入り、
神様の導きだと改めて感じ、
悔い改めて信仰に戻りました。
そして奇跡が起こり復活。
退院後、佐賀に移り住み現在に至ります。

GBCのことは知らなかったそうですが、
京都の病院で祈っているときに
大阪で聖霊が働かれている教会があると示され、
GBCにたどり着き、それからずっと
ブログやFBの中継等も見てくれて、
確かに聖霊が働かれていることを確信したそうです。

佐藤さんの周りには、知り合いの
牧師さんもたくさんいたそうですが、
神様はGBCに行くように言いました。

その時、神様は『GBCをとても愛している』
と言ったそうです。

ハレルヤー!!神様はGBCを本当に愛し、
用いてくださっている!!
だからどんなに非難されようと、
どんなに攻撃されようと
神様が味方なのだから怖いものなんてない!!
ただ、主に忠実にみことばを実践するのみ!!

私達がやってきた事は
間違ってなかったと確信しました。

その後、佐藤さんの癒しの祈りをしました。

腰の痛み、左足のボルトの入った
膝の痛みはすぐに癒されました。

1番大きな病気は、週に3回透析を受け、
現在おしっこが全く出ないこと。
神様に期待し祈りの後、トイレへ。

そこで奇跡が起きた!!
7年間全く出なかったおしっこが出た!!

信仰だけで、佐賀から日帰りで
GBCの大阪礼拝に来てくれた佐藤さん。
その熱い信仰に涙せずにはいられなかった。
本当に神様の導きに感謝します!

佐賀県は日本で1番教会が無いところだそうです。
だから、今日新しくGBC佐賀が立ち上がりました。
これから佐賀にも行きます!!ハレルヤ!

そして新しい神様の家族、
佐藤さんこと”がんちゃん”を
よろしくお願いします!

イエス様は今も生きておられる!!
Thank you Jesus!!!!
Hallelujah!!!!

🔥マタイの福音書 9章22節🔥

イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。
「娘よ。しっかりしなさい。
あなたの信仰があなたを直したのです。」
すると、女はその時から全く直った。

報告者
God Blessings Church ゆき

GBC新潟礼拝の報告

【GBC新潟礼拝の報告】

長文ですので、時間がある時に読んで頂けると幸いです。

■ 2018.6.17(日) 14:15〜16:30

参加者17名、その中でも新しく来てくださった方が7名いました。

Pastor RIEが最初に、旗の意味、なぜ旗を振って賛美し踊るのか、みことばを使って説明してくれた

その後実際に旗を振って、賛美に合わせて踊りました。最初は、本当に頑なな殻の中に閉じこもってる感じだったけど、段々緩んでいきました。ゆきの癒しの証、Pastor RIEのメッセージ、いっこのショートメッセージという流れでした。

キーワードは『感謝すること』

どんな状況にも感謝をすること、たとえ苦々しい思いがきたとしても、感謝をしみことばに書いてあることを選び取り実践することの大切さを教わりました

その後、信仰告白1名
次回洗礼をする事が決まりました

礼拝後は、新潟メンバーのリナファミリーが、私達を美味しいタレカツ屋さんに連れて行ってくれました。案内された座敷で事故に巻き込まれたのです。

注文した味噌汁とタレカツを運んできた店員さんが、少しの段差につまずきリナの4歳の娘サヨの頭の上に、90度の味噌汁7杯がかかりました。

すぐに服を脱がせ、身体中を氷で冷やしなりふり構わずイエスの御名で祈りました。周りの座敷には一般客が満員。騒然となりました。

サヨの小さな体はみるみる皮がズル剥けになり、サヨは『熱いー熱いー』と泣き叫びました。ルツ(父親)がサヨを抱き、リナとゆきが氷で全身を冷やしながら祈り、いっこは救急車、氷の手配を店の人に頼み、まなちぇるは割れた食器で怪我をしないように片付け、恐怖で怯え泣きじゃくるいっこの娘みおとサヨの姉りんかを、Pastor RIEが抱きかかえて『こんな時こそ祈ろう』と冷静にその場を即座に判断して、すべての事に配慮してくれました。みんなで一致してイエスの御名で祈り続けました。

救急車が到着し、新潟大学病院へ搬送され処置室に入りました。私達はその場にいたお客さん達にせっかくの夕食の時間を騒がせてしまった事を謝り、お店の人が呼んでくれたタクシーに乗り病院へ。泣け叫ぶサヨの声が響く。。。私達には祈ることしかできませんでした。GBCラインで祈りを頼み、FBで全国の方に祈りの援護射撃を呼びかけました。本当に多くの方が呼びかけに応えてくださり祈ってくれました。

しばらくしてお店の部長さん、主任さんが病院に駆けつけてきて、頭を深々と下げていました。Pastor RIEがお店の人に『私達はクリスチャンです。いろんな思いはありますが、ゆるします。聖書にもゆるしなさいと書いてあります。私達はそのみことばを実践します。親もクリスチャンです。もちろん、あなた方をゆるしています。ただサヨのために一緒に祈っていただけますか』そう語りました。お店の方は泣いて、みんなで輪になって手を繋ぎ一緒に祈りました。

『神様この状況に感謝します。私達はゆるします。今すぐサヨの痛み、心を癒してください。リナ、ルツ、りんかの心を守ってください。従業員の方の心を癒してください。自分を責める事のないように、トラウマになる事のないように、今、心に触れてください。感謝します。イエスの御名で祈ります。アーメン』

そして『一緒に祈ってくれてありがとうございます。感謝します。彼らは本当にあなた方のお店が大好きで、美味しいタレカツを食べさせたいと私達を連れて行ってくれたんです。彼らの気持ちを大切にしてください。これからはただ料理を出すだけではなく、愛を届けてください。彼らのようにお店を愛している人がいる事を覚えておいてください。彼らに誠意を見せてください。私達も食べたかったです。だから必ず今度はお店に食べに行きます。』とPastor RIEが伝えると、お店の方は泣き崩れました。

処置室から出てきたルツは『娘ですから、傷跡が残らない事だけ願います。』そう一言お店の方に言っただけでした。リナとルツも本当に親として辛かったはず。。。でも神様の愛で相手をゆるしていました。

その後、ICUに移ると親も付き添いが出来ないので、一度帰って頂いた方が…と看護師から言われて、リナだけ処置室に残り、後のメンバーは一旦引き上げました。

その後、2時間も経たないうちに、リナからPastor RIE に『サヨが喋れるようになって、お腹すいたとご飯も少し食べれるようになった』と連絡が入りました。
本当に奇跡です!!イエス様が驚異的な速さでサヨの体を癒してくれました!!

◼️2018.6.18(月)

翌朝、朝食を食べてる時に、私達の住む大阪で震度6の大地震が起こると緊急速報が流れ、すぐに大阪へ連絡。GBC大阪メンバーと連絡を取りながら状況確認していました。そんな中お店の部長さん、店長さん、主任さんがホテルまで、熱々のタレカツ丼を持ち再び謝罪に来られました。
再び、Pastor RIEは語りました。

『聖書にはすべての事に感謝しなさいと書いてあります。今回の事にも意味があります。(中略) 昨日も言いましたが絶対にスタッフさんを責めないでください。トラウマになる事がないように、私達も祈っています。そしてあなた方も自分を責めないでください。これは事故です。私達はすべてをゆるしています。サヨの両親もゆるしています。必ずもっともっと良いお店になります。大きくなります。私達も新潟=嫌な思い出にしたくないので、必ず今度来た時はお店に伺います。その時は美味しいタレカツを食べさせてくださいね。だからまたみんなで力を合わせて頑張ってください。私達はこれから大阪に帰ります。今、私達の住む地域に地震が起こってます。無事に帰れるように祈っててください』

本当に語られた言葉は、イエス様が語っているようだった。お店の方は涙を流されてました。そして私達は『もう泣かないで』と笑顔で3人とハグをしました。

チェックアウトした後、再度サヨの様子を見に新潟大学病院へ。お店の方も私達を訪ねてきた後そのまま病院へ謝罪に行っていて、再び病院で会いました。サヨは寝ていましたが、リナと話す事ができた。サヨは朝もヨーグルトを食べたり、遊んだり、大火傷した事が嘘のように元気だと話してくれた。寝てるサヨの体に手をかざし癒しの祈りをして、私達は空港へ。

飛行機はかろうじて飛びましたが、関西空港からの道が全て途絶えていました。
電車も阪神高速も全線ストップ。関西空港は埋立地のため、海を渡らなければならない。全国から、安否確認がジャンジャン入ってくる。関空に1泊する事を覚悟して飛行機に乗りこんだ。そして再度祈ってほしいとFBで呼びかけてみんなの祈りの力を借りました。

関西空港に着いて、Wi-Fiを繋ぐと奇跡的に阪神高速が復旧!!ハレルヤー!空港バスで大阪駅まで帰れる事になった。大阪からりえ、まなちぇる、ゆきの住む庄内までなら、歩いても1時間あれば帰れる距離。『家に帰れる!』神様に心から感謝しました。

問題は、阪神電車が動いてるか。。。いっことみおは、尼崎に住んでる。携帯で路線を調べたら動いてるーー!!ハレルヤー!いっこ達も家に帰れる!!

神様はすべての道を整えてくれた。しかも渋滞しているから80分かかると言っていたのに、55分で大阪駅に着いた。
阪急電車も動き無事庄内に到着。真っ先にRIEのお母さんの家へ。お母さんとハグをして無事を喜んだ。地震があった後、すぐに大阪メンバーのたかとまなが、自分の家も被害があったのに真っ先にお母さんの家に駆けつけ、1日中お母さんのそばについててくれた。だからRIEのお母さんも安心してRIEの帰りを待てたと震える声で語ってくれた。本当に神様の家族の愛に感謝した。

その後、みんなでゆきの家へ。食器は割れ棚から落ちたコーヒーの瓶がキッチンの水道のレバーを押して、全開で水が出っ放し、冷蔵庫もドアが開いていた。

RIEの家は、食器が少し割れ、TVが落下して画面が割れていたが、まだマシな方だった。

GBCハウスは、本棚に飾ってた額が落ち、コップが落ちて取っ手が1つ取れただけで被害は免れた。

そしてGBCハウスのテーブルの上に、キラリと光るものが!!近づいてみると綺麗にカットされたダイヤモンドだった!
ガラスの破片じゃない!!大きな大きな神様からのプレゼントだった❤️

この2日間でたくさんの事を学んだ。
神様の計画は計り知れない。この2日間を通して、『全てに感謝すること。ゆるすこと。祈り合うこと。支え合うこと。神様の愛を実践すること。それがクリスチャンの本当の姿だ。』という事を神様からしっかりと教えてもらった。

一人一人が自分の与えられた使命を果たし、危機を乗り越えられた。誰か1人でも欠けていたら乗り越えられなかったと思う。

GBCメンバー、全国の皆さんにもたくさん祈りの援護射撃をして頂いた。この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

引き続き、サヨの完全な回復と岡田家の心、お店の方々、その場に居合わせたお客さんがトラウマにならず心が守られるように、震災被害の復興、被災した方々の心が守られるように、お祈りして頂けると幸いです。

すべての栄光を神様にお返しします
Praise the Lord. Hallelujah.

🔥 テサロニケ人への手紙 第一 5章18節🔥

『すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。』

報告者
God Blessings Church ゆき