いっこの神様トーク

4/20(金)いっこの神様トーク「文句は悪魔が入る扉を開ける!?」

4/20(金)いっこの神様トーク

「文句は悪魔が入る扉を開ける!?」

悪魔に機会を与えない
それは悪魔に心の扉を開けない事
心の扉を悪魔に開けてしまう行動を語ります

エペソ4.26-29

“怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。
悪魔に機会を与えないようにしなさい。
盗みをしている者は、もう盗んではいけません。かえって、困っている人に施しをするため、自分の手をもって正しい仕事をし、ほねおって働きなさい。
悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。”

ローマ6.16
“あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。”

ルカ6.37

“さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。”

マタイ7.1-2
“さばいてはいけません。さばかれないためです。
あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。”

マタイ5.34-37

“しかし、わたしはあなたがたに言います。決して誓ってはいけません。すなわち、天をさして誓ってはいけません。そこは神の御座だからです。
地をさして誓ってもいけません。そこは神の足台だからです。エルサレムをさして誓ってもいけません。そこは偉大な王の都だからです。
あなたの頭をさして誓ってもいけません。あなたは、一本の髪の毛すら、白くも黒くもできないからです。
だから、あなたがたは、『はい』は『はい』、『いいえ』は『いいえ』とだけ言いなさい。それ以上のことは悪いことです。”

4/18(水)いっこの神様トーク「特番」

4/18(水)いっこの神様トーク

「特番」

沖縄であった打ち破りや
沖縄礼拝のメッセージ
をリエとゆきと三人で語ります

詩篇149.1
“ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への賛美を。”

ヨシュア記6.20
“そこで、民はときの声をあげ、祭司たちは角笛を吹き鳴らした。民が角笛の音を聞いて、大声でときの声をあげるや、城壁がくずれ落ちた。そこで民はひとり残らず、まっすぐ町へ上って行き、その町を攻め取った。”

4/13(金)いっこの神様トーク 「助け主、聖霊様!!!」

4/13(金)いっこの神様トーク

「助け主、聖霊様!!!」

イエス様の十字架を信じ
主です!と口に告白したなら
神様からもらえるギフトとは!?

使徒の働き1.5
ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。

ヨハネ3.3-6
イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。
ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができるのですか。もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか。」

イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません。
肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です。

テトス3.4-7

しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現れたとき、
神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。
神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。
それは、私たちがキリストの恵みによって義と認められ、永遠のいのちの望みによって、相続人となるためです。”

ヨハネ16.7-15
しかし、わたしは真実を言います。わたしが去って行くことは、あなたがたにとって益なのです。それは、もしわたしが去って行かなければ、助け主があなたがたのところに来ないからです。しかし、もし行けば、わたしは助け主をあなたがたのところに遣わします。
その方が来ると、罪について、義について、さばきについて、世にその誤りを認めさせます。
罪についてというのは、彼らがわたしを信じないからです。
また、義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなるからです。
さばきについてとは、この世を支配する者がさばかれたからです。
わたしには、あなたがたに話すことがまだたくさんありますが、今あなたがたはそれに耐える力がありません。
しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなたがたに示すからです。
御霊はわたしの栄光を現します。わたしのものを受けて、あなたがたに知らせるからです。
父が持っておられるものはみな、わたしのものです。ですからわたしは、御霊がわたしのものを受けて、あなたがたに知らせると言ったのです。

ローマ8.2
“なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。”

ローマ8.14
“神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。”

ローマ5.5
“この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。”

使徒7.51-52

“かたくなで、心と耳とに割礼を受けていない人たち。あなたがたは、父祖たちと同様に、いつも聖霊に逆らっているのです。
あなたがたの父祖たちが迫害しなかった預言者がだれかあったでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを前もって宣べた人たちを殺したが、今はあなたがたが、この正しい方を裏切る者、殺す者となりました。”

4/11(水)いっこの神様トーク「教会同士が御霊の一致をする」

4/11(水)いっこの神様トーク

「教会同士が御霊の一致をする」

4/8の北九州のいのちの道キリスト教会さんとの合同礼拝の話をしながら、
どうすれば神様に喜ばれる礼拝ができるか?を語ります

ヨハネ4.23-24
23,しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。
24,神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」

エペソ4.13

13,ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。

4/6(金)いっこの神様トーク「あなたは何を見てますか?」

4/6(金)いっこの神様トーク

「あなたは何を見てますか?」

毎日毎日降り注ぐ神様からの平等な祝福
どうして受け取れる人と
受け取れない人がいるのでしょうか?
人はすぐに感謝を忘れて文句をいい
目の前にあるたくさんの祝福を見逃します
それは何を見ているからでしょうか?

ルカ24.13-31

13,ちょうどこの日、ふたりの弟子が、エルサレムから十一キロメートル余り離れたエマオという村に行く途中であった。
14,そして、ふたりでこのいっさいの出来事について話し合っていた。
15,話し合ったり、論じ合ったりしているうちに、イエスご自身が近づいて、彼らとともに道を歩いておられた。
16,しかしふたりの目はさえぎられていて、イエスだとはわからなかった。
17,イエスは彼らに言われた。「歩きながらふたりで話し合っているその話は、何のことですか。」すると、ふたりは暗い顔つきになって、立ち止まった。
18,クレオパというほうが答えて言った。「エルサレムにいながら、近ごろそこで起こった事を、あなただけが知らなかったのですか。」
19,イエスが、「どんな事ですか」と聞かれると、ふたりは答えた。「ナザレ人イエスのことです。この方は、神とすべての民の前で、行いにもことばにも力のある預言者でした。
20,それなのに、私たちの祭司長や指導者たちは、この方を引き渡して、死刑に定め、十字架につけたのです。
21,しかし私たちは、この方こそイスラエルを贖ってくださるはずだ、と望みをかけていました。事実、そればかりでなく、その事があってから三日目になりますが、
22,また仲間の女たちが私たちを驚かせました。その女たちは朝早く墓に行ってみましたが、
23,イエスのからだが見当たらないので、戻って来ました。そして御使いたちの幻を見たが、御使いたちがイエスは生きておられると告げた、と言うのです。
24,それで、仲間の何人かが墓に行ってみたのですが、はたして女たちの言ったとおりで、イエスさまは見当たらなかった、というのです。」
25,するとイエスは言われた。「ああ、愚かな人たち。預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。
26,キリストは、必ず、そのような苦しみを受けて、それから、彼の栄光に入るはずではなかったのですか。」
27,それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらを彼らに説き明かされた。
28,彼らは目的の村に近づいたが、イエスはまだ先へ行きそうなご様子であった。
29,それで、彼らが、「いっしょにお泊まりください。そろそろ夕刻になりますし、日もおおかた傾きましたから」と言って無理に願ったので、イエスは彼らといっしょに泊まるために中に入られた。
30,彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。
31,それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。

4/4(水) いっこの神様トーク「水の洗礼の後にもらえるプレゼント」

4/4(水)いっこの神様トーク

「水の洗礼の後にもらえるプレゼント」

信仰告白し救われたら
次は水のバプテスマ!!
そして、洗礼をしたらもらえるプレゼントとは!??

使徒の働き
1.4-8

4,彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。
5,ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」
6,そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」
7,イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。
8,しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

使徒2.38
そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。

ヨハネ20.21-23
イエスはもう一度、彼らに言われた。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。」
そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。

あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦され、あなたがたがだれかの罪をそのまま残すなら、それはそのまま残ります。」

使徒2.4
すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。

ローマ5.5
この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

3/30(金)いっこの神様トーク 「イエス様が私達にしてくださった事」

3/30(金)いっこの神様トーク

「イエス様が私達にしてくださった事」

今日は、イエス様が十字架にかかられる日です
その後墓に葬られ日曜日には復活を遂げられます
この基本的な事を、まだクリスチャンでない方のために、
何故イエス様は十字架にかかられたのか?を語ります

第1コリント15.1-5
兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、また、それによって立っている福音です。また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。
私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。

ガラテヤ2.20
私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。

コロサイ2.12
あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。

ローマ6.11
このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きた者だと、思いなさい。

ローマ6.18
罪から解放されて、義の奴隷となったのです。

エペソ2.6
キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。

ローマ8.14
神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。

3/28(水) いっこの神様トーク「私達は何者なのか?」

3/28(水) いっこの神様トーク

「私達は何者なのか?」

先週日曜日はイエス様が
エルサレムの宮に入られた時でした
大阪礼拝でも、そこのメッセージをされていて聞いてきました
そのメッセージを忠実に語りたいと思います

マタイの福音書
11章
1,イエスはこのように十二弟子に注意を与え、それを終えられると、彼らの町々で教えたり宣べ伝えたりするため、そこを立ち去られた。
2,さて、獄中でキリストのみわざについて聞いたヨハネは、その弟子たちに託して、
3,イエスにこう言い送った。「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」
4,イエスは答えて、彼らに言われた。「あなたがたは行って、自分たちの聞いたり見たりしていることをヨハネに報告しなさい。
5,目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。
6,だれでもわたしにつまずかない者は幸いです。」
7,この人たちが行ってしまうと、イエスは、ヨハネについて群衆に話しだされた。「あなたがたは、何を見に荒野に出て行ったのですか。風に揺れる葦ですか。
8,でなかったら、何を見に行ったのですか。柔らかい着物を着た人ですか。柔らかい着物を着た人なら王の宮殿にいます。
9,でなかったら、なぜ行ったのですか。預言者を見るためですか。そのとおり。だが、わたしが言いましょう。預言者よりもすぐれた者をです。
10,この人こそ、『見よ、わたしは使いをあなたの前に遣わし、あなたの道を、あなたの前に備えさせよう。』と書かれているその人です。
11,まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。しかも、天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です。

ゼカリヤ書9.9
シオンの娘よ。大いに喜べ。エルサレムの娘よ。喜び叫べ。見よ。あなたの王があなたのところに来られる。この方は正しい方で、救いを賜り、柔和で、ろばに乗られる。それも、雌ろばの子の子ろばに。

ヨハネ14.27
わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

3/23(金)いっこの神様トーク 「傲慢の霊に気をつけろ!」

3/23(金)いっこの神様トーク
「傲慢の霊に気をつけろ!」

先週から聖霊様からきていた
心のチェック(点検)をしなさい
私自身にも、そのチェックすべきじゃない?と知らせる出来事が!
聖霊様に今回の答えが出てるよ。
と言われリーハイバレイさんが出すyoutubeを見たら、そのまさしく答えだった!
youtubeの話を交えて語ります

ヨハネ8.34
イエスは彼らに答えられた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、罪の奴隷です。

ヨハネ8.11
彼女は言った。「だれもいません。」そこで、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」

3/16(金)いっこの神様トーク「あなたの霊は大丈夫?」

3/16(金)いっこの神様トーク

「あなたの霊は大丈夫?」

神様は最近、心を点検(チェック)しなさい。と言われていると感じます
自分の心は悪と分離出来ているのか?
どうすれば分離できるのか?を語ります

第2コリント6.17-18
それゆえ、彼らの中から出て行き、彼らと分離せよ、と主は言われる。汚れたものに触れないようにせよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、
わたしはあなたがたの父となり、あなたがたはわたしの息子、娘となる、と全能の主が言われる。」