Pastor RIE

9/8(土) 預言 – Pastor RIE / Yuki / Karin

9/8(土) 預言 – Pastor RIE / Yuki / Karin

***************

©2018 God Blessings Church

すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます

GBCメディアミニストリー

***************

9/7 (金) 神様からのメッセージ – Pastor RIE

9/7 (金) 神様からのメッセージ – Pastor RIE

***************

©2018 God Blessings Church
すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます
GBCメディアミニストリー

***************

9/6(木) しるしについて – Pastor RIE

9/6(木) しるしについて – Pastor RIE

“大ぜいの人の群れがイエスにつき従っていた。
それはイエスが病人たちになさっていたしるしを
見たからである。”
ヨハネの福音書 6章2節

“神はパウロの手によって
驚くべき奇蹟を行われた。”
使徒の働き 19章11節

“イエスが、過越の祭りの祝いの間、
エルサレムにおられたとき、多くの人々が、
イエスの行われたしるしを見て、御名を信じた。”
ヨハネの福音書 2章23節

“イエスは彼らに答えられた。
「わたしは話しました。
しかし、あなたがたは信じないのです。
わたしが父の御名によって行うわざが、
わたしについて証言しています。”
ヨハネの福音書 10章25節

“わたしは、あなたがいつもわたしの願いを
聞いてくださることを知っておりました。
しかしわたしは、回りにいる群衆のために、
この人々が、あなたがわたしをお遣わしに
なったことを信じるようになるために、
こう申したのです。」”
ヨハネの福音書 11章42節

“それは、ナザレのイエスのことです。
神はこの方に聖霊と力を注がれました。
このイエスは、神がともにおられたので、
巡り歩いて良いわざをなし、
また悪魔に制(せい)せられている
すべての者をいやされました。”
使徒の働き 10章38節

***************

©2018 God Blessings Church

すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます

GBCメディアミニストリー

***************

9/5(水) 神様からのメッセージ – Pastor RIE

9/5(水) 神様からのメッセージ – Pastor RIE

***************

©2018 God Blessings Church

すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます

GBCメディアミニストリー

***************

9/4(火) あなたは神様からの招待を受けとっていますか? – Pastor RIE

9/4(火) あなたは神様からの招待を受けとっていますか? – Pastor RIE

マタイ22:1-14

“イエスはもう一度たとえをもって彼らに話された。
「天の御国は、王子のために結婚の披露宴を
設けた王にたとえることができます。
王は、招待しておいたお客を呼びに、
しもべたちを遣わしたが、
彼らは来たがらなかった。

それで、もう一度、次のように言いつけて、
別のしもべたちを遣わした。
『お客に招いておいた人たちにこう言いなさい。
「さあ、食事の用意ができました。
雄牛も太った家畜もほふって、
何もかも整いました。
どうぞ宴会にお出かけください。」』

ところが、彼らは気にもかけず、
ある者は畑に、別の者は商売に出て行き、
そのほかの者たちは、王のしもべたちをつかまえて
恥をかかせ、そして殺してしまった。

王は怒って、兵隊を出して、
その人殺しどもを滅ぼし、彼らの町を焼き払った。

そのとき、王はしもべたちに言った。
『宴会の用意はできているが、
招待しておいた人たちは、
それにふさわしくなかった。

だから、大通りに行って、
出会った者をみな宴会に招きなさい。』
それで、しもべたちは、通りに出て行って、
良い人でも悪い人でも出会った者を
みな集めたので、宴会場は客でいっぱいになった。

ところで、王が客を見ようとして入って来ると、
そこに婚礼の礼服を着ていない者がひとりいた。
そこで、王は言った。

『あなたは、どうして礼服を着ないで、
ここに入って来たのですか。』
しかし、彼は黙っていた。

そこで、王はしもべたちに、
『あれの手足を縛って、外の暗やみに放り出せ。
そこで泣いて歯ぎしりするのだ』と言った。

招待される者は多いが、
選ばれる者は少ないのです。」”

***************

©2018 God Blessings Church

すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます

GBCメディアミニストリー

***************

9/2(日) 神様のメッセージ -Pastor RIE

9/2(日) 神様のメッセージ – Pastor RIE

GBC新潟礼拝で語られた、
神様からのメッセージをお伝えします!

 

***************
©2018 God Blessings Church
すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます
GBCメディアミニストリー
***************

特別完全保存版⑥ ふたつの行い – RIE牧師

■ ふたつの行い

信仰による行いと律法の行い

ーーーーー

ヤコブ2:17-24
それと同じように、
信仰も、もし行いがなかったなら、
それだけでは、死んだものです。

さらに、こう言う人もあるでしょう。
「あなたは信仰を持っているが、
私は行いを持っています。
行いのないあなたの信仰を、
私に見せてください。
私は、行いによって、
私の信仰をあなたに見せてあげます。」

あなたは、神はおひとりだと信じています。
りっぱなことです。ですが、悪霊どももそう信じて、身震いしています。
ああ愚かな人よ。あなたは行いのない
信仰がむなしいことを
知りたいと思いますか。

私たちの父アブラハムは、
その子イサクを祭壇にささげたとき、
行いによって義と認められた
ではありませんか。
あなたの見ているとおり、
彼の信仰は彼の行いとともに
働いたのであり、
信仰は行いによって全うされ、

そして、「アブラハムは神を信じ、
その信仰が彼の義とみなされた」
という聖書のことばが実現し、
彼は神の友と呼ばれたのです。

人は行いによって義と認められるのであって、信仰だけによるのではないことが
わかるでしょう。

アブラハムは一人息子のイサクを捧げた
創世記22:1-13

これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ」と呼びかけられると、
彼は、「はい。ここにおります」と答えた。
神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、
モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、
全焼のいけにえとしてイサクを
わたしにささげなさい。」

翌朝早く、アブラハムはろばに鞍をつけ、
ふたりの若い者と息子イサクとをいっしょに連れて行った。彼は全焼のいけにえの
ためのたきぎを割った。
こうして彼は、神がお告げになった
場所へ出かけて行った。

三日目に、アブラハムが目を上げると、
その場所がはるかかなたに見えた。
それでアブラハムは若い者たちに、
「あなたがたは、ろばといっしょに、
ここに残っていなさい。
私と子どもとはあそこに行き、
礼拝をして、あなたがたのところに
戻って来る」と言った。
アブラハムは全焼のいけにえのための
たきぎを取り、それをその子イサクに負わせ、火と刀とを自分の手に取り、
ふたりはいっしょに進んで行った。
イサクは父アブラハムに話しかけて言った。「お父さん。」すると彼は、
「何だ。イサク」と答えた。
イサクは尋ねた。「火とたきぎはありますが、全焼のいけにえのための羊は、
どこにあるのですか。」
アブラハムは答えた。「イサク。神ご自身が全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ。」こうしてふたりはいっしょに
歩き続けた。

ふたりは神がアブラハムに告げられた場所に着き、アブラハムはその所に祭壇を築いた。そうしてたきぎを並べ、自分の子イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。

アブラハムは手を伸ばし、
刀を取って自分の子をほふろうとした。

そのとき、主の使いが天から彼を呼び、
「アブラハム。アブラハム」と仰せられた。彼は答えた。「はい。ここにおります。」

御使いは仰せられた。
「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」

アブラハムが目を上げて見ると、
見よ、角をやぶにひっかけている
一頭の雄羊がいた。アブラハムは行って、
そのおひつじ雄羊を取り、それを自分の子の代わりに、全焼のいけにえとしてささげた。

ガラテヤ5:6
キリスト・イエスにあっては、割礼を受ける受けないは大事なことではなく、
愛によって働く信仰だけが大事なのです。

エペソ2:9
行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。

ガラテヤ2:21
私は神の恵みを無にはしません。もし義が律法によって得られるとしたら、
それこそキリストの死は無意味です。」

ヤコブ2:19
あなたは、神はおひとりだと信じています。
りっぱなことです。ですが、悪霊どももそう信じて、身震いしています。

***************
©2018 God Blessings Church
すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます
GBCメディアミニストリー
***************

特別完全保存版⑤ 行い信仰は 呪い – RIE牧師

■ 行い信仰は呪い(完全保存版)

行いで 神様から愛されると
間違った思いや 間違った教えを
受け取っていないか?

できない
自分をせめる
窮屈になる
できない自分が嫌になる
神様に顔向けできない
こんな自分愛されるわけない

そう思ってる人によい知らせがあります
みことばをよくみてください

福音とはなんですか?
良い知らせです!
ゴスペルとはなんですか?
Good Newsです!

神様からの良い知らせ Good Newsを
お伝えします

ガラテヤ3:10-13
というのは、律法の行いによる人々はすべて、のろいのもとにあるからです。こう書いてあります。「律法の書に書いてある、すべてのことを堅く守って実行しなければ、だれでもみな、のろわれる。」

ところが、律法によって神の前に義と認められる者が、だれもいないということは明らかです。「義人は信仰によって生きる」のだからです。
しかし律法は、「信仰による」のではありません。
「律法を行う者はこの律法によって生きる」のです。
キリストは、私たちのために
のろわれたものとなって、
私たちを律法ののろいから
贖い出してくださいました。
なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。

リビングバイブル

‭‭「律法の行いに頼って救われようとする者は、神にのろわれます。なぜなら、聖書には、「神の律法の書にあることばを一つでも破る者は、のろわれる」 ( 申命27・26 ) とはっきり書いてあるからです。 したがって、律法によってはだれ一人、神の恵みを受けることはできないわけです。神の前で正しい者と認められる道は信仰による以外にない、と神様は言っておられます。預言者ハバククが、「正しい人は信仰によって生きる」 ( ハバクク2・4 ) と語ったとおりです。 この信仰による道は、律法の行いによる道とはなんと違うことでしょう。律法による道は、律法を一つ残らず完全に守ることによって救われる、と教えているのですから。 しかし自分の悪い行いのために、私たちが受けなければならないはずののろいを、キリストはご自分の身に引き受け、私たちを律法ののろいから救い出してくださいました。聖書に、「木にかけられる者はだれでも、のろわれた者である」 ( 申命21・23 ) と書いてあるからです。」
‭‭ガラテヤ人への手紙‬ ‭3:10-13‬

***************
©2018 God Blessings Church
すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます
GBCメディアミニストリー
***************

特別完全保存版④ 何をしたら天国にいけるの?- RIE牧師

■ 何をしたら天国にいけるの?(完全保存版)

誰が天国に入れるの?
行い?
自分が正しいとおもうことをすること?
律法を守ること
それも 携挙されたいために?

そのことについてお話ししています

ガラテヤ3:1-7
ああ愚かなガラテヤ人。
十字架につけられたイエス・キリストが、
あなたがたの目の前に、
あんなにはっきり示されたのに、
だれがあなたがたを迷わせたのですか。
ただこれだけをあなたがたから
聞いておきたい。
あなたがたが御霊を受けたのは、
律法を行ったからですか。
それとも信仰をもって聞いたからですか。
あなたがたはどこまで道理が
わからないのですか。
御霊で始まったあなたがたが、
いま肉によって完成されるというのですか。
あなたがたがあれほどのことを経験したのは、むだだったのでしょうか。
万が一にもそんなことはないでしょうが。
とすれば、あなたがたに御霊を与え、
あなたがたの間で奇蹟を行われた方は、
あなたがたが律法を行ったから、
そうなさったのですか。
それともあなたがたが信仰を
もって聞いたからですか。
アブラハムは神を信じ、
それが彼の義とみなされました。
それと同じことです。
ですから、信仰による人々こそアブラハムの子孫だと知りなさい。

ガラテヤ3:1-7 現代語訳
「ああ、ガラテヤの皆さん。
なんと物わかりが悪いのでしょう。
いったいどんな魔術師にだまされて、
魔法にかけられたのですか。
私は、十字架上で死なれたキリストの姿を、絵のようにありありと目の前に示して、
その死の意味をはっきりと
教えたではありませんか。
一つだけ聞いておきます。

あなたがたは、なぜ聖霊をいただくことができたのですか。律法を守ろうと
努力したからですか。
キリストのことを聞き、
その救いを信じて初めて、
聖霊はあなたがたのところに
来てくださったのです。
とすると、信仰生活が聖霊によって
始まったのに、どうして、
律法を救いの条件とするのですか。

あれほどの経験をしたあなたがたが、
福音をあっさりと投げ捨ててしまうのですか。とても信じられないことです。

もう一度聞きます。なぜ神様は、
あなたがたに聖霊の力を与え、
奇跡を見せてくださったのですか。律法を守ろうと努力したからですか。
そうではないでしょう。
キリストを信じ、全くお任せしたからです。 アブラハムも同じ経験をしました。
彼は神の約束を信じたというだけで、
天国へ入る資格を与えられたのです。
このことから、心から神に信頼する人は
だれでも、アブラハムの真の子孫と
なることができるのです。」
‭‭

マタイ22:37-39
そこで、イエスは彼に言われた。
「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
これがたいせつな第一の戒めです。
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。

ローマ10:1-11
兄弟たち。私が心の望みとし、
また彼らのために神に願い求めているのは、彼らの救われることです。

私は、彼らが神に対して
熱心であることをあかしします。
しかし、その熱心は知識に
基づくものではありません。
というのは、彼らは神の義を知らず、
自分自身の義を立てようとして、
神の義に従わなかったからです。

キリストが律法を終わらせられたので、
信じる人はみな義と認められるのです。

モーセは、律法による義を行う人は、
その義によって生きる、と書いています。

しかし、信仰による義はこう言います。
「あなたは心の中で、だれが天に上るだろうか、と言ってはいけない。」
それはキリストを引き降ろすことです。
また、「だれが地の奥底に下るだろうか、
と言ってはいけない。」
それはキリストを死者の中から
引き上げることです。
では、どう言っていますか。
「みことばはあなたの近くにある。
あなたの口にあり、あなたの心にある。」
これは私たちの宣べ伝えている
信仰のことばのことです。

なぜなら、もしあなたの口で
イエスを主と告白し、あなたの心で
神はイエスを死者の中から
よみがえらせてくださったと信じるなら、
あなたは救われるからです。

人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

聖書はこう言っています。
「彼に信頼する者は、
失望させられることがない。」

ガラテヤ5:4-5
律法によって義と認められようとしている
あなたがたは、キリストから離れ、
恵みから落ちてしまったのです。
私たちは、信仰により、御霊によって、
義をいただく望みを熱心に
抱いているのです。

‬‬ガラテヤ2:16-21
しかし、人は律法の行いによっては
義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。
しかし、もし私たちが、キリストにあって義と認められることを求めながら、私たち自身も罪人であることがわかるのなら、キリストは罪の助成者なのでしょうか。そんなことは絶対にありえないことです。

けれども、もし私が前に打ちこわしたものをもう一度建てるなら、私は自分自身を違反者にしてしまうのです。

しかし私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。

私は神の恵みを無にはしません。もし義が律法によって得られるとしたら、それこそキリストの死は無意味です。」

現代語訳

「しかし、私たちユダヤ人クリスチャンにしても、律法の行いを守ることによって神の前で正しい者と認められたのではありません。ただ、罪を取り除いてくださるキリスト・イエスを信じる信仰によって認められたのではありませんか。だからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。それは律法によってではなく、信仰によって神に認められるためです。律法の行いを守って救われる人など、一人もいないのですから。」 しかしもし、キリストの救いを信じた私たちが、あとになって、それはまちがいだった、やはり割礼を受け、律法もみな守らなければ救われないとわかったとしたら、どういうことになるでしょうか。キリストを信じたために、さんざんな目に会ったことになるわけです。しかし、そんなことは絶対にありえません。 前に打ちこわした方法――律法を守ることで救われようとする方法――でもう一度建て直そうとするなら、それこそが罪なのです。 というのは、いくら律法に従おうと努力しても――それは失敗以外にないのです――神の恵みは決して受けられないことがわかったからです。キリストを信じて初めて、神に受け入れられることがはっきりわかったのです。」
「私はキリストと共に十字架につけられました。もはや、私自身が生きているのではありません。キリストが、私のうちに生きておられるのです。私のためにご自身をささげてくださった神の御子を信じた結果、今、私のうちにはほんとうのいのちが与えられています。 私は、キリストの死を無にはしません。もし私たちが、律法を守ることによって救われるなら、キリストが死ぬ必要などなかったはずですから。」
‭‭ガラテヤ人への手紙‬ ‭2:16-21‬ ‭JCB‬‬

1コリント15:1-2
 兄弟たち。私は今、
あなたがたに福音を知らせましょう。
これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、
また、それによって立っている福音です。
また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、
私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、
この福音によって救われるのです。

コロサイ1:23
ただし、あなたがたは、
しっかりとした土台の上に堅く立って、
すでに聞いた福音の望みからはずれることなく、信仰に踏みとどまらなければなりません。この福音は、天の下のすべての造られたものに宣べ伝えられているのであって、
このパウロはそれに仕える者となったのです。

***************
©2018 God Blessings Church
すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます
GBCメディアミニストリー
***************

特別完全保存版③ 悪魔に立ち向かう方法 – RIE牧師

悪魔に立ち向かう (完全保存版)

神様に立ち返ろうとしているものに
悪霊が 攻撃をしかけてきています
悪霊追い出しの依頼も多く
なってきています

しかし
霊的攻撃があるということは
神様の道を歩んでるということ
それだけあなたに神様の計画があると
いうこと そのことに自信を
もってください

悪霊の嫌がるのはみことばです

1ペテロ5:8
身を慎み、目をさましていなさい。
あなたがたの敵である悪魔が、
ほえたける獅子のように、
食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。

エペソ4:27
悪魔に機会を与えないようにしなさい。

申命記28:7
主は、あなたに立ち向かって来る敵を、あなたの前で敗走させる。
彼らは、一つの道からあなたを攻撃し、あなたの前から七つの道に逃げ去ろう。

エペソ6:11-17
悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。

私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。

ですから、邪悪な日に際して対抗できるように、また、いっさいを成し遂げて、堅く立つことができるように、神のすべての武具をとりなさい。

では、しっかりと立ちなさい。
腰には真理の帯を締め、胸には正義の胸当てを着け、足には平和の福音の備えをはきなさい。

これらすべてのものの上に、
信仰の大盾を取りなさい。
それによって、悪い者が放つ火矢を、
みな消すことができます。

救いのかぶとをかぶり、
また御霊の与える剣である、
神のことばを受け取りなさい。

イザヤ41:10-11
恐れるな。
わたしはあなたとともにいる。
たじろぐな。わたしが
あなたの神だから。
わたしはあなたを強め、あなたを助け、
わたしの義の右の手で、あなたを守る。

見よ。あなたに向かっていきりたつ者はみな、恥を見、はずかしめを受け、
あなたと争う者たちは、
無いもののようになって滅びる。

ヤコブ4:7
ですから、神に従いなさい。
そして、悪魔に立ち向かいなさい。
そうすれば、悪魔はあなたがたから
逃げ去ります。

ヘブル4:12
神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、
心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。

ローマ6:20
平和の神は、すみやかに、あなたがたの足でサタンを踏み砕いてくださいます。
どうか、私たちの主イエスの恵みが、あなたがたとともにありますように。

ローマ8:37-39
しかし、私たちは、
私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、
圧倒的な勝利者となるのです。
私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、
高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスに
ある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

エペソ6:10
終わりに言います。主にあって、
その大能の力によって強められなさい

***************
©2018 God Blessings Church
すべての著作権は
God Blessings Church(GBC)
にあります
無断でのCD化 DVD化の
使用を固く禁じます
GBCメディアミニストリー
***************